スポーツ

日本は、教育者が遅れた対応を批判するにつれて、留学生に対する国境制限を緩和しています。

東京 – コロナウイルスの国境管理により、日本に閉じ込められた数多くの留学生が11月8日に政府が措置を緩和した後、ついに日本に到着し始めると予想されます。 しかし、いくつかの高等教育界でこれらの動きを祝う間、批評家は次のように述べています。 「無責任」または「遅すぎて来て生徒の大切な時間を奪うこと」です。

検疫専門家も全面的な規制緩和について疑問を提起して留学生を受け入れる大学に「検査と隔離を強化」し、適切な「管理」をしてくれることを要請した。

25歳の中国の学生は、大学院高等大学院(総研台)遺伝学教授の岩里拓治とのオンラインミーティングで「意欲が落ちて勉強に集中できず、困難を経験している」と話した。 )。 私費で学費を支援しているこの学生は去る4月大学で博士課程に入学したが日本に入国できなかった。

この学生は現在、故郷の中国山東省に住んでいます。 彼女は神経科学に関する学術論文と教科書を読んで、研究室でオンライン学習セッションに参加しましたが、実験に参加できませんでした。 実験は脳神経機能の研究に不可欠です。 学生は国境規制の緩和について「良いニュースを聞くことができて嬉しい」と明らかにしたが、岩里は大学が「教育を正しく受けられず、適切な教育を提供することが難しかった」という懸念を隠すことができなかった。 国へ。」

京都大学神経生物学教授ケンガク・ミネコの研究室でも留学を受け入れました。 22歳の中国人留学生は2020年1月入試に合格し、その年10月に入学する予定だった。 しかし、コロナ19余波で今年4月に延期された。 私費で運営されるこの学生は今春に近く研究室に参加しましたが、それも中国で遠隔で勉強しており、実験に参加できません。 兼学教授は「学生がオンラインでのみ出席し、意欲が冷めた。 日本政府が学生たちに大切な時間を奪っていった。 入国制限の緩和が遅すぎてきた」と話した。



京都大学教授のMineko Kengakuが提供したこの写真は、留学生を含む京都大学の研究室です。

日本政府はウイルス拡散防止のため外国人の新規入国を段階的に制限し、2020年10月に緩和した。 しかし、感染が再び急増すると、政府は2021年1月から入国制限を再開した。 日本留学(政府奨学金およびその他の例外を除く)が国外でブロックされました。 11月8日の制限が緩和され、旅行禁止の対象であった外国企業人や技術インターンだけでなく、学生も現在、特定の条件に従って入国できるようになりました。

日本入国管理局によると、2021年上半期「留学」在留資格で新たに入国した外国人留学生は7078人で、日本に入国した6万1520人のうち10%を若干上回った。 2019年上半期。 文部科学省によると、外国人留学生の入国を原則的に禁止したG-7国家は日本が唯一で、多くの大学関係者が早い休息を求めてきた。 これらの制限のうち。

高等教育を受けた人々は、長期入国禁止措置に危機感を表明しています。 留学生の教育を怠ると、一流の学生が日本を留学先として治める危険があります。 ケンガク教授は「外国人留学生が研究の原動力だと言える。これまでの政策は国を他国と遮断したと言えるが、信頼に深刻な結果をもたらし、今後も続くだろう。と言った。

また、外国人留学生の入国禁止により、国境を越える接続が失われ、今後の国際共同研究の機会が失われる可能性があります。

SokendaiのIwasatoは、「科学の発展には国際的な交流が必要であり、これには留学生が重要な柱です」と語った。 「大学に合格した留学生をきちんと教育するのは日本の責任ですが、長い間この責任を捨ててきました」

(日本語オリジナル: Shimpei Torii, Science & Environment News Department)

READ  オリンピック出場資格のための最後の試みのキャスターSemenya

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close