経済

日本はミサイルが経済ゾーンに落ちたと言う – 更新

中国、近隣海域でミサイル実験で「北朝鮮模倣」 – 台湾

台湾は、中国軍がほぼ30年ぶりに最大の緊張高潮で、島近くの海域にほぼ12個の弾道ミサイルを発射し、木曜日に中国が北朝鮮の例に従っていると非難しました。

台湾外交部はウェブサイトに掲載した声明を通じて、中国政府が「他の国の近くの海域で恣意的にミサイル試験を実施し、北朝鮮を模倣した」と非難した。

外交部は「今回の措置は台湾の国家安全保障を脅かし、地域緊張を高め、正常な国際交通と貿易に影響を及ぼした」とし、中国政府の自制を促した。

台湾国防部は、中国軍が現地時間午後1時56分から4時の間に東風系列弾道ミサイル11発を台湾東海に発射したと明らかにしました。

水曜日、外交部のスポークスマンであるSun Lifangは、日曜日の朝まで続く予定のミサイル試験が「非合理的」であると述べた。 彼は台湾軍が彼らの地位に固執すると言った。

葛原は「戦争に備えて戦争を追求せず、戦争に対応し、戦争を回避せず、葛藤を拡大しない合理的な態度を堅持し、境界を強化する」と述べた。

一方、台湾外交部は国際社会に中国の行動を共同糾弾することを訴えた。 外交部は「すべての国が民主的な台湾と継続的に連帯し、自由と民主主義の価値を共同で守護し、規則に基づく国際秩序とインド太平洋地域の自由と開放性を守護するよう促す」。

READ  米国商工会議所は、最初の女性CEOに任命

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close