スポーツ

日本は円介入に尾を追っています。

(段落8注釈を修正)

ビデオランガナダン

SINGAPORE (Reuters) – 日本銀行は、弱い円を守るために数十年ぶりに通貨市場に参入し、数多くの障害物にぶつかっています。

1998年以来初めている日本当局の突然の円買い介入により、ドル-円為替レートが140から146の間で6円が大きく上がった。

市場が売派的な連盟の金利引き上げとマイナス金利を維持するというBOJの約束を消化した忙しい一日の終わり頃、投資家たちは今年、これまでほぼ20%ほど評価切れた円に対して弱気を見せました。

香港Gavekal ResearchのVincent Tsuiアジアアナリストは、「1998年以来初めての点で非常に象徴的ですが、円の傾向を覆すのには効果的ではありません」と述べました。

デフレの歴史を考えると、日本銀行は、安定的で健康的な物価上昇が現れるまで金利を低く保ちたいという願望により、他の主要なグローバル中央銀行が急騰するインフレを抑えるために積極的に金利を引き上げるにつれて、今年孤独な鳩がされています。 米国の政策金利は現在日本より3%ポイント高い。

しかし、BOJの政策は、円安がエネルギー価格と消費者心理に及ぼす影響を懸念する政府と1,000兆円(7兆4000億ドル)以上のアイドル現金保有庫があるリスクを好む家計が蔓延しているなど、国内でもBOJのポリシーが正しくありません。 海外でより良い利回りの資産を見つけるために。

黒田春彦総裁は政策が変わらず、BOJが介入の一環として購入する円も置き換えられると明らかにした。

彼は、BOJが収益率曲線を制御する政策を持っている限り、円の買い入れ介入による緊縮措置は無力化されると述べた。

Wells Fargo Securitiesの国際経済学者であり、通貨戦略家であるBrendan McKennaは、介入が発生したにもかかわらず、米国の収益率は当日約6bp上昇し、日本の収益率は下落し、金利がより大きいウェッジを獲得し、市場に多くの理由を提供したと指摘しています。 円をダンプします。

ドーチェバンクのFX戦略責任者であるジョージ・サラベロス(George Saravelos)は、メモで「介入が一方的で、日本中央銀行(BOJ)会議が開かれた同じ日に起こったということは、内部矛盾が非常に大きいことを意味する」と述べた。

歴史ショー…

サラベロスは、日本が利回り曲線管理政策に固執している間、これらの介入は中央銀行への信頼を失い、トレンドを実際に変えることなく一部の投機的エンポジションを減らすのに役立つと言います。

ドイチェは「通貨強勢のための介入は日本銀行政策と直接的にずれる」とし「中央銀行が極端な量的緩和を通じて通貨価値を下げる一方、当局は通貨強勢を追求することは信頼できない」と話した。 同時に。

シティアナリストは、1997-98年の円の買い入れ介入が価値の下落を取り戻せなかったことに注目しました。

今とは異なり、当時の収益率は大きなギャップを示したが、円に対して動かなかった。 BOJが1998年4月と6月の間に大きく介入している間、円は9月まで床を打たなかった。

まだ初期段階です。 UBS戦略家James Malcolmは、円とほぼ1兆3000億ドルに達する外国為替保有者に対する投機的立場を考えると、介入が数ヶ月間続く共同キャンペーンであると考えています。

彼は、日本の非居住者ローンが7月までの12ヶ月間で3,150億ドルで史上最高値を記録した。

Malcolmは、日本当局が2011年に約1,500億ドル分を75円に近い価格で購入した方法を指摘し、「介入成功は数日ではなく数十年で測定されます」と書いています。 そのうちのいくつかは現在使用されていると思います。

(このストーリーは段落8のコメントを修正するために修正されました。)

($1 = 142.0800円)

(バンガロールのBansari Mayur Kamdar、東京のLeika Kihara、シンガポールのTom Westbrook、Rae Weeの追加報告、Kim Coghillの編集)

READ  サムスン、日本のNTTドコモから5G機器契約

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close