トップニュース

日本セブンイレブンでドローンデモ運営

コンビニ セブンイレブン DroneLifeは、東京でドローンを使用し、物流サービスのためのビジネスモデル構築のための東京プロジェクトの一環として、日本の福岡市の野島島からドローンで20分の配送をテストしていると報告しました。

日本の主要航空会社コンソーシアムであり、ALL NIPPON AirwaysとAir Japanの背後グループであるANA Holdingsがパイロットプログラムを監督しています。 試験の目的は、郊外のドローン配送が安全で実用的で、部分的に人口密度の高い地域の飛行と配送を含むことを示すことです。

7-Elevenのドローン配送は、可視線(BVLOS)を超えて飛行できるだけでなく、人口密集地域への無人飛行である本格的なレベル4ドローン作業に到達すると予想されます。 日本政府は今年中4級作戦禁止令を解除する計画だ。

参照:配達困難の中で、ドローンはオンデマンド食品の未来になる可能性があります。

東京都西玉区日の出のセブンイレブンで、すでに日の出小野店にドローン離着陸場を設置する試験が行われた。 4つの異なる配送場所から来た顧客がオンラインで注文してパイロットプログラムに参加しました。

配送プログラムが完全に稼働すると、ドローンは既存の店舗の駐車場を使用して飛行し、セブンイレブンのスタッフは最大5kgの商品を無人航空機(UAV)に載せます。 ドローンを作動させるシステム全体を無人航空機(UAS)と呼びます。

日本UAS産業振興協会()は2014年から日本のドローン使用開発を促進し支援してきました。 この産業グループには、13,000人以上の会員と250の公認ドローンパイロット学校があります。 教育、立法、貿易フェアを提供し、企業を公共部門や民間部門との国際協力につなげます。

続きを読む:Drone Express CTO:完全に自律的な食料品の配送が進行中です。

JUIDAによると、「現在の野の島には雑貨を販売する店がないので、住民は買い物をするためにフェリーに乗って市内に行かなければなりません」と言います。 記事の翻訳 日本ジャーナルLogi-Bizで「テスト結果注文後20分以内に商品を配送できることが確認されました。」

2025年に日本でセブンイレブンドローン配送を常時サービスで開始することが目標だ。

日本には世界のどこよりも多くの21,000以上のセブンイレブン店舗があります。 テキサス州に本社を置くこのコンビニエンスストアは、米国に約9,500の支店と世界中で70,000を超える支店があります。

————————————

新しいPYMNTSデータ: デジタル経済におけるアイデンティティ認証 – 2021年12月

について:米国の消費者の半分以上が、バイオメトリック認証方法がパスワードやPINよりも速く、便利で信頼できると思います。 しかし、なぜ10%未満が使用されますか? PYMNTSはMitekと協力して、2,200人以上の消費者を対象に、これらの認識と使用のギャップをよりよく定義し、企業がどのように使用できるかを特定しました。

READ  「渋野ひなこを抜いた!」US女子OP初制覇した「韓国のシンデレラガール "キムアリムヌン誰だ? (金明昱) - Yahoo! ニュース - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close