スポーツ

日本テニス西コリ、ウエスト負傷で2021シーズン終了

日本の西コリケイが腰の負傷でシーズンを締め切ったと全世界4位が明らかにした。 現在世界ランキング49位の31歳のこの選手は先月、インディアンウェルズで開かれたATPマスターズ1000大会に出場し、2ラウンドでダンエヴァンスに敗れた。

インディアン・ウェルズ(Indian Wells)を控え、西コリはサンディエゴで開かれたATP 250大会で英国のAndy Murrayとの開幕戦をわずか数時間控えた。 その後、西コリはウィーンで開催されるATP 500イベントと現在進行中のパリマスターズで棄権し、来週のストックホルムで開催されるトーナメントでも棄権しました。

彼はTwitterに「数週間前にサンディエゴの前に腰を痛め、苦しめ続けた」と話した。 「長い一年が過ぎ、怪我から戻ってきて、非シーズンが期待されます。また、2022年を素晴らしい年にするために強力なプレシーズン訓練をすることも期待されます。」

2014年、USオープンでアジア人初のメジャー決勝に上がってからしばらくしてキャリアハイランキング4位に上がった西コリーは、近年の負傷に苦しみ、一貫性のために苦労しています。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  Roskill:日本の鉄鋼再編:始まりに過ぎない...

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close