技術

日本企業が最初に考える投資対象としてPHを促す – Manila Bulletin

フィリピンは最近、日本企業との仮想経済ブリーフィングにおいて、日本企業が日本を「最優秀」投資対象地として維持するよう促した。

(写真提供=DFA)

Jose C. Laurel V駐日本フィリピン大使は、「駐日本フィリピン大使館、通常産業部が主催し、ASEAN-日本センターが後援する11月24日、ブリーフィングで外国企業に促した。 持続可能な開発目標:フィリピン – 日本のパートナーシップ。

Laurelは現在、製造、情報技術、施設の運営、物流など、さまざまな分野に従事する964の日本のロケーター会社があると述べています。

「日本は引き続きフィリピンの様々な経済区に直接持分投資をしてフィリピン最高の貿易及び外国人投資パートナーの一つであり、今年第1四半期と第2四半期に118億ペソに達し、総エコゾーン外国人直接投資」とフィリピン外交官これは言った。

Laurelはまた、フィリピンを日本の投資家に魅力的で実行可能な目的地にするいくつかの要因として、「大規模な国内市場、主要なグローバル市場への優先的なアプローチ、そして好む経済部門の企業に非常に競争力のあるインセンティブを提供する新たな合格法案」を強調しました。 。

会議では、フィリピン政府の経済クラスター関係者は、フィリピンの現在の経済見通しと持続可能な開発プログラムについても発表しました。

ドゥテルテ大統領は、仮想フォーラムのためのビデオメッセージで、平和と発展のためのフィリピンと日本のパートナーシップの重要性を強調しました。

「日本は、平和と発展のためのフィリピンの他の追随を許さないパートナーです。 ドゥテルテは「私たちの重要な貿易、投資、開発支援パートナーの一つ」と述べた。

ドゥテルテ首相は「私たちの成果をもとに、持続可能な開発目標と2040ビジョンを実現するために一層努力する日本の持続的な支援を歓迎する」と付け加えた。

今年はフィリピンと日本の国交正常化65周年であり、両国の戦略的同伴者関係が樹立してから10周年になる年です。

持続可能な開発目標、感染症および感染症後の回復努力とプログラムのパートナーシップの機会に加えて、サプライチェーンの多様化、ヘルスケア、経済政策の継続性の機会も議論されています。

Carlos G. Dominguez財務大臣は、日本とのビジネスパートナーシップは、インフラ開発、製造、デジタル技術、再生可能エネルギー(RE)および研究開発(R&D)活動の分野で強化される可能性があると強調しました。 新しくてより良い日常のための準備」

一方、ラモン・ロペス通常産業部長官は「国家の天然資源と人的資源を基にフィリピン電気自動車産業の発展に努めている」と強調した。

Lopezは、「エコシステムを構築する際に、日本などの戦略的パートナーの技術と投資が、上流と下流の両方の活動の要件を満たすことができることを願っています」と述べました。

「フィリピンは、世界で鉱物資源が豊富な国の一つです。 約900万ヘクタールまたは全国の土地面積の30%が鉱物の可能性を持ち、未開拓の広大な鉱物資源を開発し、責任を持って活用する機会があります。 その中には、電気自動車のバッテリー製造などのダウンストリーム産業に使用できるニッケル、銅、コバルトなどのいわゆる緑色の金属があり、ワイヤーハーネスの生産をサポートしています。

フィリピンの管理者はまた、世界で最も高いことが知られている11億メートルトンの銅埋蔵量などのさまざまな資源を提示しました。 太陽光と風力源。


Daily Newsletterを購読する

サインアップするにはここをクリック

READ  PS5とXbox Series X在庫が今夜Walmartに到着します。 確認しなければならない時です。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close