日本企業の半分、中国経済に対して悲観的

Estimated read time 1 min read

ファンデミック後のブルース:
日本から中国への投資の流れは、2014年以降、比較可能なデータの第1四半期の最低水準に1.2%減少しました。

新しい調査によると、中国に投資した日本企業の半分は今年の経済がさらに悪化すると予想しており、大半は投資を増やす計画がないことがわかりました。

平日、日本商工会議所が調査した日本企業1741社のうち、今年景気がさらに悪くなると予想するという回答者は50%ほどで昨年末37%に比べて大きく増えた。

他の34%は、中国経済が今年も昨年と同じ成果を上げると答え、改善が見込まれる企業は15%に過ぎなかった。

図:AFP

中国経済は今年の最初の3ヶ月間で5%より速いペースで成長しましたが、これは企業の投資拡大を促進していないようです。 調査対象企業の約44%は今年の支出を削減すると明らかにし、40%は支出をそのまま維持する計画だ。 この数値は昨年末の調査と大きく変わらなかった。

日本企業の継続的な悲観論は、コロナ19ファンデミック以来、外国企業を再び誘致しようとする中国の努力に悪い兆しです。

先週発表された公式資料によると、第1四半期の世界残りの地域の中国投資の流れは前年同期比56%減少した。

日本からの金額は、2014年と比較可能なデータで、第1四半期の最低水準に1.2%減少しました。

3月中旬から先月中旬まで実施された調査は誤差範囲を提供しなかった。

全世界銀行事務所長を務めたバート・ホフマン(Bert Hofman)をはじめとする学者たちの報告によると、日本は2021年に外国人直接投資の約6%を占めるほど中国の最も重要な単一投資先だ。 中国。

コメントが確認されます。 記事に関するコメントを維持してください。 悪口、わいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、宣伝を含むコメントは削除され、ユーザーがブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  オリンピック脱落、日本で愛されている人の新体操選手
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours