理科

日本企業は、CO2排出量を削減するために植物性、炭素中立の「バイオコークス」燃料を探しています。





金台大学から提供されたこの写真は、植物材料で作られたバイオコーラを示しています。

TOKYO – 植物性廃棄物から作られた固体燃料であるバイオコークスが脱炭素社会への転換を導く一つの技術として注目されている。 大阪府東大阪市にある金台大学で2005年に開発したこの燃料は、燃焼時に二酸化炭素(CO2)をほとんど排出しないと知られている「夢の固体燃料」です。

日本のレストラン部門と伝統産業の職場は、バイオコークスを代替燃料として使用することを検討しており、研究は引き続きコストを下げて大量生産に活用しています。

去る4月、岩手県大州の伝統南部鉄器メーカーである大井美(Oitomi)は、既存の石炭コークスをリンゴ箔と樹皮で作ったバイオコークスレンガに置き換えて鋳鉄を溶かそうとしました。 大富美(Oitomi)専務の菊池明(Akira Kikuchi)専務は、実験で生産された鉄酒、風車、文鎮などを評価した後、「タンコックス単独より火花が多く発生したが品質に差はない」と結論付けた。 。

Oitomiは通常、年間約20メートルトンの石炭コークスを消費します。 ワークショップは、2050年までに純温室効果ガス排出量ゼロに達する炭素中立を達成するという日本の法的約束とともに、バイオコークス実験に署名しました。 植生の際に排出されるCO2は、元の植物によって大気中に除去されたため、排出として計算されません。 このため、バイオコークスはCO2をほとんど排出しないことが知られており、気候変動の抑制に寄与すると期待される。

バイオコークスは、乾燥した植物材料を数ミリメートルの大きさの粒子に粉砕し、膨大な圧力で圧縮することによって作られています。 その後、材料は約180℃に加熱され、シリンダーから形成される。 バイオコークスの燃焼温度は摂氏1,000度以上で、石炭コークスに匹敵します。

菊地は、国際情勢の変化により、伝統的な職場もバイオコークスに転換するようになったと述べた。 予備数値によると、日本は石炭需要の大半を輸入に依存しており、2021年に約1億8000万トンの石炭が日本に入る予定だ。 そのうち約10%がロシアから来ました。 2021年以降、石炭価格は急上昇し、高い水準を維持しています。 そしてロシアのウクライナ侵攻が始まりました。

岸田文夫首相は、日本がロシアの石炭輸入を段階的に中止すると発表した。 バイオコークスは化石燃料よりも国際問題のフラックスに敏感ではなく、大分はコストバランスを見ながら実験を続ける予定です。

代替燃料は、日本の主要企業の間でファンを探しています。 Mos Burgerファーストフードチェーンを運営する東京を拠点とするMos Food Services Inc.は、3月から48のMos Burger&Cafe店でバイオコークスで焙煎したコーヒー豆で作ったドリンクを販売し始めました。 固体燃料に使用される原料は、コーヒー残渣を使用します。

会社関係者は「コーヒーラインナップリニューアルを考慮しながら、環境にやさしい製品を好むことになった」とし「バイオコークスの拡大も検討したい」と説明した。

2016年と2017年に、スターバックスコーヒージャパン(Starbucks Coffee Japan Ltd.)は、金台大学(Kindai University)および神戸市政府と協力して、コーヒー残渣やその他の廃棄物からバイオコークスを生産する実験を行いました。

バイオコークスの成功を妨げる最大の障害は原価だ。 しかし、田尾雄(Tamio Ida)の金台大学バイオコークス研究所所長は「技術革新と石炭価格の急騰でバイオコークス(生産コスト)が合理的な水準に落ちた」と指摘した。

生産プロセスで最もエネルギーを消費する部分は、原料の乾燥や粉砕を含む前処理プロセスです。 Idaによると、そばの皮やふすまなどの低含量の原料と、小麦の外皮と、使用されるコーヒーの残渣や茶葉などの粉砕を必要としない原料を選択することで、コストを削減できます。

現在、バイオコークスを生産する会社は3カ所である。 商用化には量産が必要なため、燃料のエネルギー価値を高め、生産技術を開発するなど、燃料の性能を向上させることができる方案を研究している。

Idaは、「私たちはまた、地域の廃棄物をバイオコークスに変えて、地域で消費されるリサイクル志向のサプライチェーンを構築したい」と述べた。

(日本語原文:Mai Suganuma、Science&Environment News Department)

READ  日本のコロナウイルス急増PMシュガーが短期プレミア、東アジアニュース、主要ニュースのように見えます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close