日本企業ロビー、BOJに「適度な」インフレ達成を促す

1 min read

東京、10月28日(ロイター) – 日本経済界のロビーである軽鍛錬は、会員会社に来年に基本給の印象を検討するよう促し、中央銀行に「緩やかな」インフレを達成するよう促すと日経新聞が土曜日報道しました。

軽鍛錬は来年の賃金交渉指針草案で、企業に来年以降も賃金引き上げの勢いを「維持し強化する」ことを求めると新聞は伝えた。

日経が入手した指針草案によると、「必要に応じて基本給を修正するなど、給与の引き上げを検討することが有益だ」とします。

政府と緊密な関係を結んでいる強力なロビー団体である軽団連も日本銀行(BOJ)に「緩やかなインフレ」を達成するための通貨政策を指導することを「強く促す」と新聞は伝えた。

インフレが1年以上2%の目標を超えている間、BOJは10年間持続した超緩和通貨政策を終了するよう圧力をかけています。

上田和雄BOJガバナーは、賃金引き上げの強化により、日本が堅実な消費に基づいてインフレ2%を継続的に達成するのに役立つまで、低金利を維持する必要があると強調しました。

日本の賃金は、原材料価格の上昇に伴いインフレが上昇し、企業が従業員に高い賃金を支払うという圧力をかけた昨年まで数十年間停滞した。

主要企業は今年の平均賃金引き上げ率を3.58%と30年ぶりに最も高い引き上げ率に合意し、一部では一手不足の深化などを理由に来年も賃金引き上げを維持すると約束した。

しかし、原材料価格の上昇とグローバル成長の鈍化により収益に負担が加重されているため、小規模企業がこれに従うことは不確実だとアナリストらは言います。

日本最大労働団体レンゴ(Rengo)は来年の春交渉で基本給の3%引き上げを含め、総賃金引き上げを5%以上要求する計画だと公営放送NHKが報道した。

(記者:木原レイカ、編集:ラジュゴパラクリシュナン)

READ  巨人岡本3年連続30発、先人を超えると成長せよ十分 - プロ野球:日刊スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours