日本内閣、スマートフォン事業で技術大企業を規制する法案承認

Estimated read time 1 min read

日本内閣は、スマートフォン事業で公正な競争を確保するために技術大企業を規制するための法案を承認しました。

AppleとGoogleを含む主要な技術企業は、スマートフォンの分野で優れた位置を占めています。 彼らの市場支配力が新しい参入を妨げ、彼らのサービスを使用する企業に高いコストをもたらす可能性があるという懸念がありました。

金曜日に承認された法案は、オペレーティングソフトウェア、アプリストア、インターネットブラウザ、検索エンジンなど4つの分野で規制対象会社を指定します。

提案された法案は、競争を妨げ、禁止を要求する慣行を定義します。

指定された業者は、競合他社のアプリストアと決済サービスの利用を妨げることが禁止される。

また、取引先と差別的な取引をすることも禁止されます。

会社はコンプライアンスに関する年次報告書を提出する必要があります。

違反者は日本国内の売上高の20%に相当する罰金を求められます。 これは、既存の独占禁止法により他社の業務を妨げた罰金の3倍を超える金額です。 繰り返し違反する場合は、量が30%に高くなります。

政府は6月末までに行われる今回の国会でこの法案の制定を推進する計画だ。

READ  冬が南部を襲ったとし、FRBの管理は、気候変動に焦点を当てます
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours