日本内閣、打撃能力強化のために記録的な560億ドル規模の軍事予算承認 – Boston Herald

1 min read

ファイル – 2003年3月23日地中海で作戦中の誘導ミサイル巡洋艦USS Cape St。 George(CG 71)からトマホーク地上攻撃ミサイル(TLAM)が発射されます。 日本の国防費は2024年に16%以上急増します。 2023年12月22日金曜日、内閣が承認した記録的な軍事予算により、中国や北朝鮮の目標物を打撃できる長距離巡航ミサイルの配置を加速します。 (情報専門家1st Kenneth Moll / US Navy via AP、File)

山口まり(AP通信)

東京(AP) — 中国や北朝鮮の目標物を打撃できる長距離巡航ミサイルの配置を加速するために金曜日承認された記録的な軍事予算により、日本の国防費は来年16%以上増加する予定です。

また、内閣が採択した予算は、日本軍がますます同盟国と協力し、より積極的な役割を担うようになるにつれて、F-35ステルス戦闘機や他のアメリカ兵器で軍隊をさらに強化する。

3月から始まる2024会計年度の国防予算7兆9500億円(560億ドル)は、岸田文夫(Kishida Fumio)首相政府が1年前に採択した新たな安全保障戦略による5カ年の軍事力増強プログラムの2年目となる年だ。 。

戦略が構想する打撃能力の強化は、日本の武力使用を自衛権に制限する前後の原則から大きく外れたものだ。 国防予算は112兆7千億円(7,940億ドル)規模の国家予算計画の一部であり、依然として議会の承認が必要です。

日本は軍事力を強化するため、2027年までに43兆円(3000億ドル)を支出し、年間支出を約10兆円(680億ドル)に増やす計画だ。 これを通じて日本は米国に続き世界3位の軍備支出国になるだろう。 そして中国。

この予算は12年間日本の武器支出を増やすでしょう。 昨年の政府予算は6兆8000億円(約480億ドル)に達した。

日本は、自国の自衛隊の原則から逸脱することを強調する別の措置として、金曜日の外国のライセンスに基づいて日本で製造された武器および部品をライセンス国に出荷することを許可することによって、致命的な武器輸出禁止を部分的に解除しました。

今回の措置は、2014年に初めて緩和された武器輸出禁止措置に対する最初の主要改正だ。 日本外務省は今回の改正が両国安全保障協力とインド・太平洋の平和と安定を強化するのに寄与すると述べたが、反対者たちはこれに反対した。 日本の武器が紛争を拡大するのに役立ちます。

日本は、米国のライセンスに基づいて日本で生産された地対空パトリオット誘導ミサイルを米国に送ることに同意し、段階的に承認された最初の出荷を迅速に承認しました。

ラムイマニュアル駐日米国大使はXに対する声明で「日本の安保改革の範囲、規模、速度は前例がなかった」とし、防衛装備と以前の政策の緩和を「歴史的」であり「重要な事例」と称賛した。 抑制のための日本の共同意志」と話した。

北朝鮮の致命的な武器輸出禁止により、武器技術と装備を開発する努力の範囲が制限された。 日本は2024年にイギリス、イタリアと共に次世代戦闘機開発のために700億円(4億9千万ドル)以上を支出する予定であり、このプロジェクトは日本政府が共同開発した致命的な武器の輸出を許容するために制限をさらに緩和することに依存します。 第三国。

日本の2024年の国防予算の核心は、防空強化、特に中国と台湾の間で紛争が発生した場合、日本の南西部島を保護するために必要だと管理者が言う「遠隔」ミサイルの早期配置です。

12型巡航ミサイルと米国産トマホーク、次世代長距離ミサイル開発に約7,340億円(51億5,000万ドル)が割り当てられた。 日本はまた交差距離3,000km(1,864マイル)の超音速誘導ミサイル開発に800億円(5億6,200万ドル)以上を支出する予定だ。

木原みのる防衛賞は、今月初め、元の目標より1年前の2026年3月末まで、一部のトマホークと12型の配置を進めることにしたと発表しました。 管理者たちは今回の措置は、日本が戦後時代の最も過酷な安全保障環境に直面し、米国、オーストラリア、イギリス、その他の友好国との合同作戦を増やした結果だと述べた。

急速に高齢化して人口が減少する日本では、急増する軍備に対する資金調達と必要な人材確保が容易ではない。

国防総省の関係者は、今回の予算が大量購入、長期契約などの措置を通じて、円安や価格引き上げによる費用の影響を扱ったと述べた。

日本の脆弱な防衛産業を強化し、より多くの外国兵器販売を可能にするために補助金に900億円(6億3200万ドル)を支出することを求めています。

予算にはまた、3,730億円(26億2,000万ドル)の費用で2027~2028年に配置するイージス装備戦艦2隻を建造することを含め、日本のミサイル防衛システムを強化するための1兆2,500億円(87億8,000万ドル)が含まれています。

軍艦にはロッキードマーティンSPY-7レーダーが装備される予定であり、管理者は北朝鮮が大陸間弾道ミサイルを含むミサイル試験発射によく使用された高アーチ軌道の発射体を含めて検出しにくいミサイル発射体を見つけることができると述べた。 今週にミサイルが発射された。

日本は2030年頃に配置される予定で、中国、北朝鮮、ロシアが開発中の極超音速ミサイルに対応するために設計された滑空段階迎撃体を米国と開発するために755億円(5億3千万ドル)を支出する計画です。

READ  Snow Man's 'Brother Beat', Japan Hot 100 – ビルボード
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours