トップニュース

日本初の女性コンテナターミナルCEOは、APMの成長を導く

横浜コンテナターミナル-APM横浜写真


海洋経営者


01-15-2021 02:49:31

APM Terminals Japanは、日本初のコンテナターミナル運営女性CEOとしてSakura Kumaを任命したと発表しました。 NYKのAPMに参加してKumaは日本で会社の事業拡大をリードします。

「Sakura KumaがAPM Terminals Japanへようこそ。 ここで彼女は、私たちの戦略的転換を加速し、最近拡張された横浜の南本牧ターミナル(MC1-4)でのビジネス開発を主導することです。 “、APMターミナルのアジア端末責任者であるTim Smithは言う。

2020年APM Terminals JapanはYokohama-Kawasaki International Port Corporationと横浜ターミナルの既存の停泊スペースを増やすために、10年の契約を締結しました。 横浜ターミナルは2つの大きなバース(MC3およびMC4)を追加してAPMを東京広域で最大20,000 TEUまで処理することができる唯一の端末オペレータがしました。

4つのバース施設への拡張は、110万TEUで210万TEUに2倍になると予想されます。 APMは、より多くの陸製品を開発する計画であり、追加のライナーの顧客を施設に引き入れることを希望します。

Sakura Kuma-APMターミナル写真

“港、海運、物流業界で20年近くを過ごしたSakuraは豊富な経験は、強力な管理技術と実績のあるビジネス開発の記録を提供しています。 Sakuraは、私たちのリーダーシップチームを強化し、日本で私たちのビジネスのエキサイティングな成長を主導するようになって非常に嬉しいです。」とSmith氏は言いました。

APMターミナルに参加する前に、KumaはNYKでマーケティングと販売、新規事業開発、企業管理の分野でいくつかのリーダーシップの役職を務めました。 彼女はNYK Bulk&Projects Carrier Ltd、Yusen TerminalとYokohama-Kawasaki International Port Corporationから追加の責任を務めました。

「私は重要な国際ポートフォリオを保有している偉大な会社であるAPM Terminalsに合流することになってうれしいです。 相乗効果を提供し、統合コンテナ物流のMaersk中核戦略であるAP Mollerに貢献するために行うことができる港が多すぎます。 チームに参加するのを楽しみにしており、日本の港で初の女性CEOになることがあり、本当に嬉しいです。」

Sakura Kumaは2021年2月1日からAPM Terminals Japanに参加します。

READ  電車の中で「スリ」犯行の一部始終「財布盗んだ!」男逮捕 - YouTube

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close