経済

日本南西部近くの化学タンカー、貨物船の墜落ビジネスニュース

東京(AP) – 土曜日、日本南西部の海岸で、日本の化学タンカーが貨物船と衝突したと海岸警備隊は言いました。

ベリーズに登録された貨物船の新海99号に乗船したタンカーの龍神丸号に搭乗した日本人船員6人と中国人船員14人のうち負傷者はなかった。

釧本海岸警備隊の関係者によると、土曜日初め墜落した事故は調査中であり、二隻の船舶は和歌山県海岸から約3.5km(2.2マイル)離れたこの地域に停泊した。

同関係者は「初めて沈没し始めた貨物船のエンジン部分から一部の油が漏出して統制を受けている」と話した。

タンカーは他の日本の港から化学物質を拾うために神戸港を出て、事故当時は船上に化学物質がなかった。

ダイバーが現場に派遣され、事故の原因を特定するためにGPS記録を追跡していました。 中国の船員は、海景にタンカーが突然方向を変えたと述べた。


影山ガラスツイッター https://twitte.com/yurikageyama

著作権2022 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  ゲームパパ活用! ? Apexとスプラトーン2などの人気ゲームを一緒にプレイしてお金を得ることができる "GameRoom」がβ版リリース! - funglr Games

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close