スポーツ

日本原子力研究所、「無駄な」ウラン鉱石国内輸出





この写真は日本原子力庁とSojitz Corp。 子会社が合意した契約仕様を示します。 取引はまだ交渉中であるため、委任された当事者はブラックアウトされます。 (毎日/岡大輔)

日本原子力機構(JAEA)は、日本でウラン探査プロジェクトと関連して国内外で収集したウラン鉱石を含めて合計125トンの原子力関連物質を輸出する計画だと、毎日新聞が伝えた。

JAEAは、ウラン鉱石を原子炉用燃料に精製する作業をアウトソーシングし、請負業者に精製された物質を購入させるようにします。 これは事実上、日本政府出演研究開発庁が日本で使用しない核関連物質を海外に持ち込んで廃棄するという意味だ。

輸出対象は、ウラン鉱石とウランを吸着したイオン交換樹脂などである。 これらの物質は現在、岡山県にあるJAEAのニン京都環境工学センターと東野鉱山を管理する岐阜県東野地区科学センターに保管されている。 ウラン鉱石はNingyo Pass鉱山地域で採掘され、研究目的で海外から輸入されました。 両センターのウラン鉱山は閉鎖される予定であり、閉鎖するにはウラン鉱石を除去する必要があります。

ウラン鉱石は発電用原子炉の稼働に必要な資源であるが、日本には加工工場がない。 同時に、材料は廃棄物として廃棄されるべきではありません。 一部は許容レベルを超える放射線を放出するため、日本はこれを国外に搬出する正当な理由が必要です。

原則として、核廃棄物は発生した場所で処理する必要があるため、日本から搬出する場合は国際規定に違反する可能性があります。 このような状況では、他の当事者に材料の精製を依頼するというアイデアが浮上しました。

JAEAは、2021年12月に東京に本社を置くトレーディングハウスSojitz Corp.の子会社と資材海外出荷を含むプロジェクトを処理するために、1億7千万円(約124万ドル)の契約を締結しました。 輸送は2023年2月までに完了する予定だ。 米国企業が作業の有力な候補と見られるが、まだ合意が確定しているわけではない。

この計画に基づき、ウラン鉱石は日本が負担する海外精製工場に輸送される。 精製された「ウラン濃縮物」は請負業者が購入しますが、手数料が販売価格より高いため、日本の費用が収益を超える可能性が高いです。

JAEA関係者は毎日新聞に「貯蔵庫にあった資材を処分したいという考えが強くかかる」とし「ウラン鉱石を資源に売る一般的な取引とは異なる」と話した。

JAEAは政府補助金として運営されているため、これらすべてのコースの費用は納税者が負担します。 研究機関を務める文部科学省の上級関係者は「彼ら(原子力関連物質)は核兵器がない」という言葉ほど単純ではないと計画の正当性を強調した。 家庭で使うので無駄です。」 安く安全な処理手段がないため、海外に捨てても問題はない」と話した。

小出弘明元京都大学原子炉研究所(現大学放射能総合研究所)副教授で在職した小出弘明教授は「ウラン鉱石を採取して使う方法がないのが典型的な事例」と話した。 原発担当者の過度に楽観的な態度を示す事例だ。 当局は楽観的な見通しをもとに事業を推進し、事業が失敗すると納税者たちのお金を注ぐ」と話した。 続いて「ウラン鉱石を使うことがないとゴミになること」とし「核廃棄物は発生した場所で処理しなければならないという原則を守らなければならない」と話した。

(ビジネスニュース部門の大塚岡、科学環境ニュース部門の吉田拓也、名古屋ニュースセンターの西谷忠山の日本語オリジナル)

READ  Thirdy Ravenaが日本Bリーグを再編成した方法

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close