日本日経、技術主導で史上初めて4万線突破

Estimated read time 1 min read

日本日経指数は技術株の反騰で月曜日初めて4万線を突破した。 日経平均株価は40192.48で、最後に0.7%上昇しました。

日本の技術主義ラリーは、米国の株式市場で人工知能(AI)ブームが続く中で発生し、これはS&P 500とナスダックが金曜日の一晩再び最高値を記録しました。

ブルーチップ指数は月曜日に1%も上昇した40,301.30を記録し、長年最高記録を立てました。 Advantest Corp.が最高の成果を上げるなど、技術主が上昇傾向を主導しました。

より広いTopixは2709.07で0.02%下落しました。

米国連邦準備制度(Fed・連준)が早ければ6月金利を引き下げることができるという期待感がグローバル市場心理を増幅させた。

日経指数は今年現在まで20%以上上昇し、トピックス指数はほぼ15%上昇しました。

日本証券市場は企業支配構造改革と低評価、円安、企業利益好調などによる外国人流入などで先月1989年生涯最高値を更新し、34年ぶりに最高点を更新した。

さらに、ウォーレン・バフェットが昨年日本貿易会社を支持し、日本市場に対する信頼が高まり、中国の景気減速に対する懸念により多くの資金が日本に移されたとブルームバーグは報じた。

外国人投資家は日本の株式についてはまだ楽観的である。 世界最大の資産運用会社であるブラックロック(BlackRock Inc.)とヨーロッパ最大の資産運用会社であるアムンディ資産運用(Amundi Asset Management)は、実績の成長と企業支配構造の変化が強いことを期待している。

東京証券取引所はまた、企業が株式価値上昇計画に関する報告書を公開することを奨励しています。 一部では自社株買いと配当金の引き上げを発表しました。 ブルームバーグ報告書は経営陣の買収が増加しており、行動主義投資家もキャンペーンを強化していると付け加えた。

金融部門を除く日経企業の約3分の1が純現金ポジションを保有しており、行動主義投資家とTSEの立地を強化しています。

(ブルームバーグのコメントを含む)

特典の世界を開きましょう! 洞察力のあるニュースレターからリアルタイムの株式追跡、速報、カスタムニュースフィードまで、すべてがここにあります。 ワンクリックでいいです! 今ログインしてください!

READ  ハイテク、日本のルースですべてを行うことができます。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours