エンターテインメント

日本映画監督シオンソノ、セクハラ疑惑

‘愛の露出’、’アンチポルノ’などエッチなインディー映画で有名な日本映画監督ソノ・シオンが日本映画界で様々な女優にセクハラを受けた疑いを受けている。

容疑は月曜日に発表されました。 修館定成 PRIME 芸能ニュースとゴシップサイト。 長い記事では、いくつかの女優が匿名の保護の下でソノを非難しました。 記事によると、現在60歳のソノは「ほとんどの [his] 女主人公」 Sonoの主張された略奪行為は、彼の演技ワークショップに関連しています。

ソノはまだこのような疑惑に対して公開的な答えを出していない。 しかし、予定された演技ワークショップは取り消された。

日本の映画やテレビ業界は、年配の人的性的虐待や権力濫用についての物語を長く隠してきたが、公に表面化することはほとんどない。 Harvey Weinsteinスキャンダルの後、英語圏業界をさらった#MeTooの大掃除は日本で根付いていませんでしたが、いくつかの出来事が今明らかになっています。

最近の人気キャラクター俳優の木下保香(Kinoshita Houka)と監督の坂木英雄(Sakaki Hideo)に対するセクハラ疑惑が提起され、後者の最も最近の映画である「告白」と「ハーバーライト」の公開が取り消されました。

俳優の松崎幸は、先日の日曜日のツイッターの投稿で、ソノのセクハラと権力嫌がらせの履歴に言及し、シュカンジョセイの物語よりも先に立つ。 「これはソノのいつもMOだった。何十人もの犠牲者がいる」と彼は書いた。

Shukan Joseiレポートへの英語の回答で、松崎はまた「今私を信じますか?」とツイートしました。 別の投稿で彼は「ソノ・シオンが自分の映画で若い女優を捕まえて食べる性犯罪者であることが明らかになった今、日本の主要映画スタジオとテレビネットワークでこのような略奪行為を非難する場所があるだろうか?」と書いた。

Sonoの映画監督のキャリアは、ほぼ40年前にさかのぼります。 しかし、彼の大きな国際的な突破口は2008年の「Love Exposure」で、上流階級の写真家のエロティックな冒険と精神的な旅のためのほぼ4時間分の映画です。 2009年にベルリン映画祭で上映されたこの映画は、2つの賞を席巻し、国内外で栄誉と賞を受賞しました。

ソノの気まぐれな暴力とセックスはしばしばキリスト教のモチーフとクラシック音楽で提供され、彼を世界フェスティバルサーキットのカルトキャラクターにしました。 2015年と2017年に発表された2つの「新宿スワン」アクションコメディを含む彼の国内ヒット作は、彼を業界の商業面で需要のある監督にしました。

Sonoはまた、2017年に「Tokyo Vampire Hotel」シリーズのためにAmazon Primeと協力し、2019年に映画「Forest of Love」および後続のミニシリーズのためにNetflixと協力しました。 Sonoは、2021年にNicolas Cageが主演したダークファンタジー「Prisoners of the Ghostland」で初ハリウッドになりました。 しかし、2019年にソノが心臓発作を引き起こして回復するのに数ヶ月が必要で、映画の制作が中断されました。

READ  エピソード1の最大の謎を説明する言葉

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close