スポーツ

日本生まれの八尋、オーストラリア初の空手のオリンピック選手に選ば| スポーツ

SYDNEY(AP) – 日本生まれのTsuneari Yahiroがオーストラリア初の空手のオリンピック選手で東京に向かっています。

八尋は2024年にパリオリンピックで繰り返されていない一回種目でオリンピックデビューをしながら75kgクマイト部門に出場する予定だ。

33歳の八尋は18ヶ月の時に家族と一緒にオーストラリアに移住しました。 彼はオセアニア選手権で4回優勝しており、国際ランキングのおかげで、オリンピック出場資格を獲得しました。

COVID-19の予防措置により、Yahiroはパリで開催されたオリンピック最終予選トーナメントで戻ってきた後、現在のホテル検疫にあります。

「私たち空手加賀空手が開始された日本に戻ってきて、私たちの技術を示すことができるということは驚くべきことです。」とYahiroは言いました。 「最初のオリンピックのために、日本で戦うことは運命のようです。 5年前に立てた目標だったが、今、実際に達成しました」

空手大会は、8月5日から7日まで、日本武道館で行われます。 東京オリンピックは7月23日に行われます。

金曜日に発表によると、東京に名前をあげたオーストラリア選手の数は、予想される450〜480人のうち278人に増えた。

Copyright 2021 The Associated Press。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なしに出版、放送、書き換えまたは再配布することはできません。

READ  ライブ東京オリンピック:ブラックスティック(女性)v日本

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close