日本自動車メーカー日産、販売急増で利益92%急増

Estimated read time 1 min read

東京 – 中国を除くすべての主要グローバル市場で販売が増加するにつれて、3月までの会計年度の間、日産の利益は92%増加した4,266億円(27億ドル)を記録したと日本自動車メーカーが木曜日明らかにした。

年間売上高は12兆7000億円(815億ドル)でほぼ20%増加したと日産自動車が明らかにした。

1~3月四半期の間、港町横浜に本社を置く日産の利益は1,069億円から1,013億円(6億5千万ドル)に小幅減少しました。

リーフ電気自動車、インフィニティラグジュアリーモデル、Zスポーツカーメーカーの四半期別売上高は13%増の3兆5千億円(220億ドル)を記録しました。

内田誠最高経営者(CEO)は、日産が先月から電気自動車の販売に集中する「ディアーク(The Arc)」戦略により、さらなる成長を目指していると述べた。

彼は記者たちに、「私たちはバランスのとれた製品ポートフォリオと最適なビジネス戦略を実装し、それを段階的に実行する」と述べました。

日産はアリヤスポーツユーティリティ車両を通じて日本市場で電気自動車分野のリーダーシップを維持することを希望しています。 新しい米国モデルには、ArmadaとMurano SUVとInfiniti QX80の高級モデルが含まれています。

日産は2029年初頭まで次世代バッテリーで駆動される電気自動車を大量生産する予定であり、ピックアップトラックを含む様々なモデルに全固体バッテリーを提供すると発表した。

去る3月、日産と国内競争会社のホンダ自動車は電気自動車と自律知能技術開発に協力すると明らかにした。 記者の質問に内田氏は発表内容以外はまだコメントできないと述べた。

日産は、サプライヤー支援を含む開発費用により、2025年3月までの年間収益が3,800億円(24億ドル)で前年比11%減少すると予想しています。

円安の下落は、一般的に自動車メーカーを含む日本の輸出業者に円に換算した海外収益の価値を高め、プラスとなりました。

しかし、日産は着実な為替レートが望ましいと強調し、その恩恵を減らした。 円の下落により、3月に終了した会計年度の間、日産の営業利益はほぼ13%増加しました。

日産は会計年度中に世界中で344万台の車両を販売したが、これは予想よりやや低かったが、前年度の330万台より良い数値である。

地域別では米国、日本、ヨーロッパで日産販売が増えたが、中国では24%減少した。 中国の自動車市場は強力なEV製品であり、BYDなどの地元企業が支配する市場での価格戦争に苦しんでいます。

それにもかかわらず、日産は2025年3月までにグローバル販売量が370万台に増加すると予想しており、中国販売量は回復し、北米、日本、ヨーロッパでは成長し続けると予想しています。

日産株価は実績発表前に締め切られた東京取引で0.9%上昇で締め切った。

READ  日本の象牙市場はもはや象の個体数に脅威になりません。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours