経済

日本財務大臣:急激な円安の後ろに見える投機的動き

TOKYO : 鈴木秀一 日本財務長官は、金曜日の円がドル当たり139円を超えて24年ぶりに最低値を記録し、最も強力な表現を使って急激な円安の背後に見られる「投機的動き」について警告しました。

鈴木は記者たちに、「最近の急激な円安に懸念している」と話した。 先に彼はインドネシアバリリゾートで2日間開かれるG20金融リーダーの集まりの初日に出席した。

鈴木総裁は、円安を防ぐために介入する意思があることを示唆し、「他の国の通貨当局と緊密にコミュニケーションをとり、必要に応じて適切な対応をする」と述べた。

しかし、連邦が急騰するインフレを倒すために金利を上げるために忙しく動いているため、日本は米ドル弱税のための共同措置について米国の支持を得られないだろう。

一方、日本銀行は、脆弱な経済を支援するために強力な通貨緩和政策を継続し、金利差により円が弱いと予想される。

スズキはG20に日本が高い時急性を持ち、急激な為替の動きを注視しており、政府が中央銀行と連絡するだろうと述べたと述べた。

READ  日本最高のビジネスロビーは「ユニコーン」企業のブームを作ることを目指しています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close