経済

日本鉄道の無人駅建設計画に反対する障害者男性





2022年2月10日、大分市で開かれたJR九州に対する損害賠償訴訟の原告である吉田春美(Yoshida Harumi)が、2022年2月10日裁判が終わった後、会議に出席している。 (毎日/ハヘリム)

OITA – 日本南西部九州地域の計画された無人鉄道駅増設は、もはや障害者だけの問題ではないと以前に主要列車運営会社を訴えた脳性麻痺男性が2月2日、裁判所の口頭裁判で語った。 10.

日本の南西大分市で車いすを使用する3人が計画について九州鉄道(JR Kyushu)を訴えました。 原告の一人である吉田春美(68)氏は3月から九州地域に無人ステーションが増え、移動の自由を妨げ、さらに大きな被害を与えると主張した。 吉田は大分地方裁判所で、自分の助力者である松川仁美が自分の主張を声に出して読んでもらうようにコミュニケーション掲示板を使って述べました。

吉田は駅に人材を配置しないことは、「高齢者や女性を含む地域交通をJRだけに頼る人々にとっても安全と利便性の問題」と主張した。 続いて「公共交通事業者としての役割を真剣に見直してほしい」と呼びかけた。

一方、JR九州は2月2日付の反論状を裁判所に提出した。 原告らによると、同社は無人駅計画が鉄道事業の不振を解消するための経済的な措置だと説明した。 JR九州は無人駅で車いす利用者と他のお客様のために導入した予約制について「旅客サービスを円滑にするためのもので、遠隔操縦システムの導入とは無関係」と主張した。 また、駅で要求する人材配置が会社に過度な負担を与えるという主張も提起された。

2021年12月に発売されたJR九州駅の運営検討により、大分県でのみ4つの駅が追加で職員を失う予定です。

原告を代理する徳田康之弁護士は2月10日、裁判所審理が終わった後に開かれた会議で「無人駅の拡張は障害者だけでなく地域住民全体の問題となった。 私たちの動きを広げてください。」

(日本九州ニュース部ハヘリム記者)

READ  アーケードは日本全域で休業します。 これは悪いニュースです。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close