経済

日本首相が月に3回目の大臣解任




山口まり、AP通信

公開済み2022年11月20日日曜日午前11時34分EST


東京(AP) — 岸田文集 日本首相内閣の内務上が日曜日資金不正のため辞任しなければなりませんでした。

寺田みのる総務賞は、様々な会計や資金不正で非難を受けてきました。 1人は彼の支援グループの1人が死者の署名を持つ会計記録を提出したことを認めました。

岸田は「連続辞退について謝罪する。 「私は彼らの任命に対する私の重い責任を知っています。」 彼は月曜日にテラダの交代を発表すると記者に言った。

寺田首相は首相に現れ、記者たちに岸田に辞職を提出したと述べたが、要請を受けた時は言わなかった。

寺田次官は「私の問題で主要法案に対する国会議論に干渉してはならないため決心した」と話した。

一ヶ月以上スキャンダルに包まれた寺田は岸田内閣に寄与したいという希望と資金問題で問題を起こすかと心配する間に感情が揺れたと言いました。

岸田は寺田を事務所に呼んで辞表を提出させたとNHK国営テレビが伝えた。 岸田首相は去る金曜日の解雇の可能性について質問を受けたとき、テラダ首相に責任を果たすよう求めたが、弁護しなかった。

木田は、日曜日にテラダがアジア太平洋経済協力首脳会談を終えた後、バンコクでのコメントに応じて辞任を提出したと述べた。

するとテラダは自分は法を破ったのではなく、会計問題を正すと約束し、残り続けるという意志を見せた。 野党議員らは政治資金を総括する内務長官の資金調達問題が深刻だと辞退を要求した。

第1野党の立憲民主党の泉元田代表は声明を通じて「彼の信頼はすでに失われており、辞任は遅すぎて、岸田首相の判断力と指導力に疑問を提起する」と話した。

政治観測者らは、岸田の決断力不足が与党内での弱い基盤に起因すると述べた。 党内4位の岸田は暗殺された指導者安倍晋三と麻蘇太郎など大物級など3大系派の声を聞かなければならないということだ。

岸田首相は、新任内務大臣に松本武明前阿蘇系外務大臣を任命するとみられる。

最近のマスコミ調査によると、回答者の大多数がテラダの辞任を支持しているのに対し、岸田政府に対する支持率は、2021年10月に彼が就任して以来、最低値の30%以上に落ちた。

寺田首相の辞任は、政権自民党と統一教会との緊密な関係のために、すでに揺れた内閣に別の打撃です。

寺田は岸田が属する党内の分派だから、彼の解任は首相の権力掌握に追加的な恥ずかしさと打撃とされる。

岸田は安全な運転手と見なされ、7月の投票で勝利した後、予定された選挙なしで今後3年間国家を率いると予想されたが、その後彼の人気は党の広範な教会の絆を扱うことに急減した。

岸田はまた、日本で最も分裂的な指導者の一人である安倍のために議論となっている局長を取ったと非難され、今や自民党と教会との数十年間の親密な関係の核心人物とされています。

安倍の教会と多くの自民党の議員との友好的な関係は、彼の暗殺の調査で表明されました。 容疑者は、捜査官に彼の母親が教会に莫大な寄付を与え、家族を破産させ、人生を台無しにしたと言いました。

山城と大代経済再生上は統一教会との関係に対する解明が不足しているという批判を受け、10月24日岸田内閣の「辞退ドミノ」を始めた。

花市康弘法務上は、自分の職業が目立たず、死刑に署名したときにだけニュースを作るという発言をした寺田長官が日曜日出国するわずか10日前に辞任しなければなりませんでした。

岸田法務長官の解任決定が遅れて、彼は3回のアジア首脳会談のために11月11日出国を延期することになり、野党議員や観察者たちから優柔不断でリーダーシップが不足しているという批判を呼び起こしました。

岸田首相は9日間の旅行を終え、土曜日に東京に戻り、月曜日の主要法案についての議論が再開される前にテラダへの迅速な決定を下すという与党幹部たちの圧力に直面したようです。

岸田与党は今回の国会で3月までに2次追加経済予算を通過させ、年末までに新しい国家安全保障戦略と中長期国防指針作業を終えなければならない。

READ  疑わしい統一教活動を議論するためのパネル会議

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close