経済

日本高等裁判所、親子推行容疑の棄却

記事ジョブの読み込み中にプレースホルダ

TOKYO – 木曜日、日本の高等裁判所は、Mitsubishi UFJ Morgan Stanleyでの勤務中に子育て休職を行った後、職場の嫌がらせと違法解雇を主張した元ブローカーマネージャーの上訴を却下しました。

日本で30年以上居住したカナダのグレンウッドの事例は、「親子嫌がらせ」または「パタハラ」に対する懸念を象徴することになった。 Wood’sは日本でまれに育児休職を望む父親の場合です。 母性嫌がらせはより一般的です。

ウッドは2015年、息子が生まれたとき、子育て休職をした後、嫌がらせを受けて職場で強制退出したと主張し、2017年から戦いを始めた。

同社はウッドの育児休職の要請を拒否した。 訴訟によると、彼の息子は未熟児として生まれ、会社で働き続けるように言ったが、急いで彼に会いに行った。

裁判所の証言によると、ウッドは2016年に職場に復帰したとき、一部の責任を奪われ、ビジネス会議から除外された。 同社は2018年に彼を解雇した。

東京高等裁判所は、21ページ分量の判決で嫌がらせ主張を棄却しました。 会社の行為を「避けられない」と擁護した。

三菱UFJモーガンスタンレーは、木曜日の判決が会社の見解が受け入れられたことを示したと述べた。

Woodは、現在6歳の息子が大学に行くまで法的闘争が続く可能性があることを意味しても、彼の出来事を最高裁判所に渡すと述べました。

彼は保健労働省の記者会見で、「嫌がらせは決して容認される形態の管理ではない」と述べた。

ウッドは現在、運送管理、企業支配構造、環境ソリューション、その他のサービスを提供する企業を率いています。

日本の人口は減少しており、出生率は世界最低水準です。 これまでウッド事件の結果にもかかわらず、政府は育児休職を政策優先順位に置き、最大12ヶ月の欠勤を許可した。 しかし、実際の慣行は法に従わなかった。

東京地方裁判所は、2020年にウッドに対してセクハラがあったと信じるほどの「合理的な根拠」が見つからなかったと判決した。 また、会社との紛争を静かに解決せずに自分の出来事を公開したことについてウッドを批判しました。

ウッドの弁護士の一人である姫泉義塚(Yoshitatsu Imaizumi)は、この事件が嫌がらせに関する苦情を提起したウッズの解雇を含め、さまざまな理由で依然として異議を申し立てることができると述べた。 これは、労働者がセクハラを提起する権利を侵害する可能性があると彼は言った。

息子と一緒に法廷と記者会見に出席したウッドは、男性が報復を恐れずに子育て休職を使用できるようにするために自分の闘争を放棄しなかったと述べた。

「親の権利を擁護するのは、実際に私が受け取った贈り物です。 日本だけでなく全世界のためにそうして嬉しい」と話した。

影山ゆりはツイッター(twitter.com/yurikageyama)にあります。

READ  Goldman、東京本社移転、事務再確認、Business News&Top Stories

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close