日本:月着陸船スリムが再び生きてミッションを再開する

1 min read

画像キャプション、

イラスト: Jaxaは月に着陸した5番目の国の宇宙局になりました。

日本の月着陸船が電力供給問題で一週間稼働を中断し、運行を再開しました。

日本航空宇宙探検局は、日曜日の夜、着陸船との交信を再開し、欠陥が修正されたことを知らせたと明らかにした。

照明条件の変化により太陽光を受けることができるようになった後、太陽電池が再び作動していると該当機関は述べた。

1月20日に着陸したとき、太陽電池が太陽と反対方向を向いていたため、電力を生産できませんでした。

月探査用スマート着陸船(スリム)で、日本は米国、旧ソ連、中国、インドに続き、月面にソフトタッチダウンを達成した第5国になった。

宇宙船は、太陽光の角度が変化したときに電気を回復するために、当局が宇宙船をオフにすることを決定するまで、数時間バッテリー電源で動作しました。

以前のTwitterだったXの投稿で、JaxaはSlimが近くの岩で撮った写真を共有しました。

着陸船は、月の起源に関する手がかりを見つけるために岩の組成を分析するとJaxaは言いました。

Slimは、クレーターの目標から55m(180フィート)以内のShioliとして知られる赤道クレーターの端に着陸しました。 Jaxaはこれを「前例のない正確な着陸」と説明しました。

着陸技術は、潜在的な燃料、水、酸素源と考えられている丘陵の多い月極の今後の探査を可能にすることができると同機関は述べました。

スリムミッションは、搭載されたコンピュータが月の上の高度を混乱させ、月着陸船が墜落することを目撃したスタートアップiSpaceの試みを含む、日本の以前のいくつかの試みが失敗した後に行われました。

統計的に月に着陸することは非常に難しいことが証明されています。 すべての試みの約半分だけが成功しました。

JaxaはSlimがいつまで月に活動するかすぐに言うことができなかった。 以前は、着陸船が月夜に生き残るようには設計されていないと述べた。 月面が太陽にさらされない月夜は約14日間続きます。

READ  日本トースタースタートアップスマートフォン攻略クレータ​​ー株価
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours