トップニュース

日本:IKEAは東京に月1ドル未満の小さなアパートを提供しています。

10平方メートル(107平方フィート)のアパートは新宿エリアにあり、月額賃料は99円($ 0.86)です。 詳細 今週IKEAで発売

1ユニットのみ使用可能で、IKEA家具とアクセサリーが完備されています。 会社は、12月3日までに20歳以上でなければならない潜在的なテナントの申請を受けます。

IKEAはこのアパートを2023年1月15日まで賃貸する予定だと明らかにした。 テナントは課金を自分で支払う必要があります。

10平方メートルはあまりありませんが、IKEAは利用可能なスペースを最大限に活用するために一生懸命働いたと言います。

同社はウェブサイトで「キーの一つは垂直空間をうまく活用することだ」と述べた。 「部屋を立体的に捉えることで、限られた空間で新たな可能性が開きます」

東京はそのうち 世界で最も人口密度の高い都市、超小型アパートのトレンドを主導しています。 1400万人を超える人々が住んでいる場所です。 東京都によると

Ikeaは、YouTubeに掲載された一連のプロモーションビデオに登場するBlahajというサメの助けを借りて、小さな家を宣伝しています。

Blahajというキャラクターは狭い空間を専門とする不動産ブローカーを演じます。 このクリップでは、BlahajはIkeaインテリアデザインチームのメンバーの助けを借りて、小さなアパートのための彼のビジョンを提示します。

IKEAの不動産関連事業は今回が初めてではない。

同社はスウェーデン、フィンランド、ノルウェーに安価なモジュラー住宅を建設したスウェーデン建設会社Skanskaと合弁会社BoKlokを持っています。

2019年のボクロック 認知症患者のための新しいスタイルの家を発売、家で生活を続けるように設計されています。

デザインの調整には、バスルームからミラーを取り除き、デジタル制御ではなく、古いノブでキッチン家電を調整することが含まれていました。

READ  バイエルン・ミュンヘン、日本サッカー協会とのパートナーシップの更新

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close