経済

日本FSAで初めて女性卒業生の数が男性より多い

(ブルームバーグ) – 日本の金融規制機関は、政策決定において両性平等を改善しようとする政府の努力を強調する珍しい動きで、来年に女性大卒者を男性よりキャリア官僚としてより多く採用する予定です。

岡田弘市規制当局秘書室長はインタビューで4月金融庁に合流する新入館料14人のうち8人が女性だと話した。 2000年FSAが創設されて以来、女性将校が男性より多いのは今回が初めてだ。

日本は、世界経済フォーラム(World Economic Forum)の2021年グローバルジェンダーギャップ指数(Global Gender Gap Index 2021)のランキングで、アンゴラとミャンマーに続いて120位を占め、これは女性がさまざまな分野でリーダーシップの役職に到達するのが難しい経験する傾向を反映しています。 官房長官によると、毎年10人以上の卒業生を官僚として採用する国家官公署のうち、過去10年間で女性入社者が男性より一度以上多かったのは外務省と法務省だけだ。

内閣人事局のデータによると、7月基準の日本の高位官僚のうち女性は4.2%、国長級は6.4%を占めた。 国は2026年3月まで女性比率をそれぞれ8%と10%に高めるために政府省庁と機関に積極的に女性を募集するよう促してきた。

仕事と生活のバランス

女性のリーダーシップの位置が限られた理由は、過去に女性が仕事と家庭生活のバランスを維持するための適切な助けがなかったためです。 これにより、一部の管理者は出産後に仕事を辞めました。 日本役所でも女性卒業生をはるかに少なく雇用しました。

FSAにはまだ女性管理者が多くはないが、比較的若い官僚の上級職につながる重要な役職である副局長として働く女性の数が増加しているとFSAの岡田氏は語った。 「彼らがキャリアを続けると、今後、取締役や総務を含む女性役員が増える可能性があります」と彼は言いました。

©2021ブルームバーグLP

READ  Bidenの素晴らしい税金再調整行為

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close