日王・皇后即位後初の沖縄訪問

Estimated read time 0 min read

鳴門一王と雅子皇后は、今週末から始まる芸術・文化イベントに出席するため、土曜日に沖縄に到着し、2019年即位後初めて沖縄を訪問しました。

12年間沖縄に来ていない日王は、25年ぶりに訪れなかった皇后と共に二日間訪れる日曜日、宜野湾で開かれる祭り開幕式で演説をする予定だ。

沖縄は第二次世界大戦の中で日本で最大の地上戦が行われ、その半分が民間人と推定される200,000人の命を奪われました。

2022年10月22日那覇空港に到着した成人一王と政子皇后を迎えるデニ玉木沖縄知事(左から2番目)。 (水泳場の写真)(刑務所)

ナム・ドヒョンは1972年まで戦争が終わった後、アメリカの支配を受けて日本に返還されてから50年になる年です。

5月に開かれた追悼式で仮想に出席した天皇は、戦争中に被害を受けた沖縄の人々に哀悼を表しました。

天皇は1987年に初めて、2010年に沖縄を5回訪問し、3年前に菊に即位しました。 毎回、彼は地元の追悼の場で戦士たちに敬意を表しました。 皇后は1997年に彼と一緒に県を最後に訪問しました。

彼の父親である元日王の秋人は、沖縄について長い間同情心を持っていました。 1975年に皇太子として初めて訪れた後、県道子皇后夫人と共に2018年までに11回の県道を訪問した。

元天皇と皇后は毎年6月23日、沖縄戦が終わった日に黙念を捧げます。 県天皇と皇后も同様です。


関連する適用範囲:

日本皇帝、腫瘍マーカーの数値が高くなって前立腺検査を受けなければならない

岸田首相「現地反発にも沖縄駐留米軍基地移転」

反米基地玉木県沖縄支店2選


READ  日本の三菱UFJ、5億9600万ドルでHome Creditアジア2債購入
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours