日立ゾッセン、グリーンメタノール技術による海運産業の脱炭素化をリード

Estimated read time 1 min read

Japan 2 Earthの全コンテンツを読む – 日立ゾッセン、グリーンメタノール技術による海運産業の脱炭素化をリード

脱炭素化は朝鮮・海運業界の最優先課題だ。 企業は既存の重油から液化天然ガス(LNG)、メタノール、アンモニア、水素、その他の新しいタイプの燃料に変換しています。 船舶エンジンを代替燃料として運転するように切り替えることは、炭素排出量を減らす鍵です。


カリコムバナー

技術テスト

熊本県素材 日立造船海洋エンジン (HZME)は日立ゾッセンの子会社です. マンエネルギーソリューション、ドイツの大手産業用エンジンメーカーです。 彼らは、重油で駆動されるエンジンを環境にやさしいメタノールで動作するエンジンに変える技術を開発することに取り組んでいます。 両社はまた、独自にメタノールエンジンを生産することを目指しています。

脱炭素化
熊本県にある日立城線マリンエンジンの有明工場。 (写真提供=HZME)

HZMEは、変換技術の開発とエンジン生産を同時に進めています。 同社はすでにMANからテスト用メタノールエンジンの注文を受けています。 この技術の検証試験は、2024年9月から11月まで熊本にあるHZMEのAriake工場で予定されています。

続きを読む 完全な物語 ~へ 日本2地区 環境にやさしいメタノールの可能性について学びましょう。

そして、持続可能な未来への移行を促す当社アフィリエイトウェブサイトジャパン2アース(J2E)で、環境とSDG達成の課題についてのより良い記事を見つけてください。

関連:

記事を日本語で読んでください。)

作家:小金崎健

広告


石川観光客バナー
READ  日本の100歳の高齢者の研究における「ユニークな」腸内マイクロバイオームの同定
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours