日首相が北米会談を支持するためのモンゴル訪問の検討

1 min read

岸田文雄日本首相が過去日本人拉致問題をめぐり、デッドロックに陥った北朝鮮との対話を進展させるための努力の一環として、8月にモンゴル訪問を検討していると消息筋が水曜日明らかにした。

もし実現すれば、日本の指導者が北朝鮮と緊密な関係を維持している中央アジア諸国を訪問するのは2016年以来初めてだ。 平壌と外交関係のない日本は、拉致問題を扱う上で仲裁者の役割をするためにモンゴルをよく模索してきました。

岸田首相は8月上半期訪問予定の期間中、ウクナ・フレルスフ・モンゴル大統領に会い、1970年代と1980年代の北朝鮮工作員たちの日本人問題解決のための協力を要請する予定だ。

写真には岸田文夫日本首相(左)とウクナ・フレルスフ・モンゴル大統領の姿が写っている。 (刑務所)

彼は拉致被害者家族の高齢化により被害者を本国に連れて来る必要性を強調し、南北高位級対話を通じて南北対話の道を設けるという支持を促すと予想される。 金正恩との首脳会談。

他の議題には、2016年から発効した両国間自由貿易協定(FTA)による主要鉱物貿易の拡大とモンゴルへの日本の投資拡大が含まれるものと見られる。

岸田首相は、北朝鮮によって拉致された日本人の帰還を実現するために、北朝鮮の指導者と首脳会談をしたいという意味を明らかにしました。 しかし、北朝鮮が弾道ミサイル発射など挑発行為を続けるなど、実質的な進展は見られていない。

モンゴルは2012年に日本と北朝鮮間の高位級会談を主催したことがある。 モンゴルが主催する国際会議であるウランバートル対話でも両国関係者が回動したことが分かった。

岸田首相は8月、カザフスタンを訪問し、中央アジア旧ソ連5カ国の指導者たちとの会談に参加する案も進行中だ。

しかし、岸田首相の順番に障害物になる可能性は、次期首相を事実上選出することになる9月、自民党代表経選を控えている政治的状況だ。


関連プレス:

日本首相、新任米国司令部司令官、地域安定達成約束

日本、韓国、中国企業グループが協力を研究しています。

フォーカス:日韓関係が再び悪化すると、アジアの安全保障が危険にさらされる可能性があります


READ  日本、米国、韓国の管理者は最近、北朝鮮の打ち上げを非難しました。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours