Tech

最初は、Lenovoなど外資系コンピュータブランドが上位3位までを独占〜第2四半期は、在宅勤務とGIGAスクールの需要に支えられ、 – PC Watch

2020第2四半期の国内伝統PCの出荷台数上位5カンパニー共有

IT専門調査会社のIDC Japanが発表した2020年第2四半期(2020年4月〜6月)の国内伝統PCの出荷台数は、前年同期比0.7%減の396万台を記録した。

2019年10月の消費増税2020年1月のWindows 7のサポートの終了などで活況を呈してあった前年同期の反動で2020年第2四半期にはかなりの落ち込みが予想されていたが、新型コロナウイルス感染の拡散を防ぐための対応策として、法人市場と家庭市場でのPCの購入が急増した。 昨年(2019年)同期とほぼ同じ水準の販売量を維持する結果となった。

IDC Japan PC、携帯端末、およびクライアントソリューショングループマネージャー市川和子さんは「新型コロナウイルス感染の広がりは、GIGAスクール構想が働く方法と学習方法に根本的な変化を取得しようとしている。コンピュータは、この変化の重要なツールであり、が、これに起因しているPCの需要は中期的に期待できる可能性がある」と述べた。

第2四半期の業績の内訳は、法人市場が前年同期比17.0%減の237万台、家庭用市場は40.7%増の159万台になった。

法人市場は「在宅勤務があまり進んでいない中小企業を中心にノートパソコンを購入が進み、国と地方自治体が提供する感染症対策の補助金や在宅勤務の推進のための補助金も、中小企業によるPCの購入を後押しした。また、文部科学省が推進しているGIGAスクール構想のためのノートパソコンの出荷が第2四半期から開始され、法人市場を大きく引き上げるた」と分析した。

法人市場は17.0%減と2桁の減少したにもかかわらず、「昨年に前年同期比64.0%と大きく伸長した市場に二桁の減少と言うが、17.0%の減少にとどまる結果がある」と表現した。

家庭市場は「感染のための学校と塾が閉鎖され、オンラインで提供されている様々な教育コンテンツの需要が高まり、子供にPCを購入する動きが活発になった。

また、中小企業を中心に在宅勤務で使用するPCを自宅で購入するために補助金を出す企業が出現するなど、自宅で仕事をするために、コンピュータの需要が急増した。 家庭市場では、学習や仕事関連の需要でノートパソコンだけでなく、デスクトップPCの購入も急増した “とした。

レノボ、NEC、富士通から40%を占め

2020年第2四半期会社別販売台数にも発表した。

1位はレノボ・ジャパン/ NECパーソナルコンピュータ/富士通クライアントコンピューティンググループで40.9%。 前年同期比3.3%増加した。 新型コロナウイルス感染症対策とGIGAスクール構想の特殊を把握し、法人市場と国内市場での好調だったという。

レノボ・ジャパンは、「レノボジャバンはGIGAスクール構想案件を除いても前年同期比6.5%増加した成長を見せた。テレワークガイド公開など、在宅勤務に関する各種情報発信を介して在宅勤務に強いブランドイメージの確立、中小企業を中心に、企業の課題が堅調。家庭用PCも、在宅勤務や在宅学習のための要求を斬り」と話した。

そこで、GIGAスクール構想の特殊案件を含めると、より大きな成長、Lenovo / NEC /富士通グループの高いシェア維持に貢献したことが分かった。 ちなみに、GIGAスクール構想のための案件はChrome OS搭載モデルの出荷割合が高いという。

2位は日本HPが17.1%。 前年同期比9.4%減少し、市場全体の0.7%の減少を下回る結果が第1四半期の18.8%は、四半期には過去最大のシェアで1.7%ポイント下落した。 法人市場でGIGAスクール構想のための出荷が少なかったため、競争に比べて不振が、家庭市場で大きく増やしている。

韓国HPは、「世界的にChromebookの需要が急増して、4〜6月期の国内の供給が遅れた。しかし、民需市場に焦点を当てた作業を拡張し、ブランド別では、PC市場全体でも法人のPCでも首位を続けてている。ビジネス全体の勢いを維持している。今後、GIGAスクールのためのコンピュータも供給確保を進めて、積極的に対処していくだろう」とある。

デルテクノロジーは16.2%のシェアで3位を占めた。 前年同期比10.2%増と好調を維持します。 韓国HPのシェアに約1ポイントに迫った。 新型コロナウイルス感染症対策とGIGAスクール構想のメリット法人市場と国内市場の両方大きく伸長した。

4位はシャープ(Dynabook)で6.4%のシェアを占めた。 出荷台数は4位を維持したが、前年同期比17.2%の減少と低調だった。 法人及び国内市場の両方で予想より需要の急増に不在の調達が遅れていないと推測している。

5位はAppleで6.0%のシェア。 前年同期比15.2%増の上位5社の中では最も高い成長率となった。

ブランド別シェアでは、富士通、NECが順位を下げる

今回の調査結果についての主要なコンピュータメーカーに取材をするブランド別シェアでは、上位3位までの外資系コンピュータメーカーが占めていることが分かった。 これは、コンピュータ業界の長い歴史の中で初めてのことだ。

ブランド別では、1位が韓国HP、2位がレノボ・ジャパン、3位デルテクノロジーがされて、第1四半期には3位だった富士通のクライアントコンピューティングは、4位、4位を占めたNECパーソナルコンピュータが5位を占めた。

また、富士通のクライアントコンピューティングとNECパーソナルコンピュータは、Lenovoの傘下であるが、現在でも国内で開発、生産する体制を主軸にしており、国産メーカーとしての地位にある。

コンピュータメーカー各社のシェアは拮抗して、第3四半期から、この構図がどのように変化するかが注目される。

Chromebookの品薄懸念材料

また、今後、国内のコンピュータ市場全体の需要動向も気になるところである。

第2四半期は、業界の予想を上回る形で需要が残っているが、今後は在宅勤務の需要一巡などと一緒に、比較対象となる前年同期の分母が多くなるので、前年実績を上回る形で推移することは難しいとの見方が支配的ある。

また、2020年には需要拡大の原動力となっているGIGA学校構想の導入案件もChromebookの世界的な品薄状況の影響で供給が追いつかない事態が発生しており、また、今後の懸念材料の一つとなっている。

Intelは9月3日、新しい “11世代Coreプロセッサ」ファミリを発表して、ノート向けの「Intel Evoプラットフォーム」を発表した。グローバルは、Evoプラットフォーム認証モデル20機種発売されることを含む、新しいCPUを搭載したPCが150機種以上登場するという。市場換気の起爆剤の一つとして期待されており、日本でも多くの製品が発売されると見られる。

インテル幹部パートナー事業本部長兼クライアントコンピューティング事業総括アイダホ雅也氏は「Evoプラットフォームは場所にとらわれないPCの利用提案を行なったり、AIによる安定した接続と快適なビデオ会議環境コラボレーションの促進など、ニューノーマル時代の働き方を牽引する環境を提供することができる。新型コロナウイルスの影響はしばらく続くと考えてリモート操作と巣ごもり拡散でEvoプラットフォームが貢献できると考えている」と述べた。

また、インテルは後半に向けて「インテルPCフェスティバル2020」を展開して、PCゲームとクリエイティブ、音楽などの観点から、PCの新しい方法を提案し、日本マイクロソフトモダンPCキャンペーンなどと連携しながら、自宅のコンピュータの需要拡大にも対処考えだこれらのコンピュータ業界全体をあげた需要促進策の効果にも注目したい。

READ  中国で新型コロナの情報共有にGitHubが使われている - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close