トップニュース

有料ストリーミングサービスへの移行は、日本サッカー国家代表チームの親和性を阻害します。

日本男子サッカー代表チームは7回連続ワールドカップ本選進出権を確保したが、オンライン購読ストリーミングサービスDAZNを通じてのみ見られた3月24日シドニー決定戦を一般大衆のほとんどが逃した。 主な変化として、予選トーナメントで日本のすべての試合が地上波テレビで生中継されなかった。 スポーツを少数の特権層の専有物にするメディア環境のこの変化はありますか?

DAZNがアジアサッカーリレーを獲得

日本のサッカー国家代表チームの試合は、伝統的に多数のテレビ視聴者を集めました。 オンラインプラットフォームが放送権を奪われているので、もはやそうではないかもしれません。 11月と12月に開催される予定の今年のカタールワールドカップ決勝戦では、アジア太平洋地域予選のほとんどの試合を日本の視聴者だけがリアルタイムで視聴できるオンライン購読ベースのスポーツストリーミングサービスDAZNを通じて視聴することができた。 2016年のリリース以降、世界中で拡大しました。

予選戦と違って地上波を通じて生中継される競技はテレビ朝日で中継された日本のホーム競技だけだった。 これは3月24日、オーストラリアでの決定的な第2試合を観客の大多数が見ることができないことを意味し、代わりに5日後のチームの最終予選試合で埼玉スタジアムでベトナムと1-1引き分けを収めなければなりませんでした。 放送人の顔に卵が一滴も残っていない事件が起きた。

もう一つの驚くべき事実は、オーストラリアの試合が予選キャンペーン全体でラジオ(この場合は日本放送システム)で放送された唯一の固定具であるということでした。 そう重要な試合。 しかし、これまで信号範囲のある場所に制限されており、人気のあるRadikoアプリを介したスマートフォンストリーミングには使用できませんでした。

2016年の日本発売のために、DAZNは2028年まで続く12年間の独占Jリーグ中継券に2,239億円を支払いました。 プラットフォームの様々なスポーツラインナップには、日本のプロ野球、フォーミュラワン、テニス、バスケットボール、ボクシング。

アジアサッカー連盟(AFC)と12年の追加契約でFIFAワールドカップ予選、アジアカップ、アジアチャンピオンズリーグなど個展14大会中継権を確保した。 アジアでビジネスをやろうとするすべてのサービスにサッカーは必須コンテンツです。

今年初めまで、DAZNは標準月間購読料を1,925円で請求しましたが、2月末に突然3,000円に引き上げました。 このように広範なスポーツの中継権を確保することは決して安いことではなく、価格の引き上げは、これらのコストが最終的にユーザーに転換されることを意味する。

別のトーナメント、別のプラットフォーム

しかし、DAZNのリストは2022年のカタールワールドカップ決勝戦自体には拡張されておらず、Cyber​​ AgentやTV Asahiをはじめとするスポンサーを持つインターネットTVサービスであるAbema TVで64ゲームすべてを無料で中継する予定です。

また、NHKは地上波と衛星チャンネルが共有する予定の開幕戦と決勝戦を含め、この試合中21試合に対する共同権を獲得した。 テレビ朝日と富士テレビもそれぞれ10試合を上映する予定ですが、これによりトーナメント期間中は23試合が残り、これは主流テレビでは中継されません。

ワールドカップ中継券は数年前から着実に価格が上がっている。 日本人男性が本選に進出した最初の決勝トーナメントであるFrance’98の場合、NHKはFIFAに6億円を支払い、国内全体を取材した。 今年大会の公式数値は公開されていないが、日刊スポーツタブロイド スポーツニッポン 2月4日付で今年の数値は30倍増加した180億円程度と報告しました。

ワールドカップ決勝戦とオリンピック、パラリンピックの試合の中継権は、伝統的にNHKと複数の公共放送局との連合である日本コンソーシアムによって決定されています。 しかし、日本テレビ、TBS、テレビ東京が最近その傘を去り、ワールドカップ放送局のコストが上昇し続けているため、投資収益は今回必要な支出を正当化するのに十分ではないようです。

Abema TVの親会社であるCyber​​ AgentのCEO、Fujita Susumuによるツイートによると、ワールドカップ入札はネットワーク史上最大の単一投資でした。 そして、支払われた正確な数値はまだ不明ですが、その支出から利益を出すことは決して簡単ではありません。 しかし、Abema TVの観点からは、プラットフォームに対する意識を劇的に拡大するために監督する価値があるリスクは明らかにありました。

JFA、政府の介入を促す

日本が2022カタール出場権を確保してからしばらくして、日本サッカー協会会長の田島彦Zōは、政府がトーナメントを無料放送プラットフォームで提供できるように、新しい規制指針に介入しなければならないとの信念を表明しました。

しかし、実際にはメディア環境はしばらく変化しています。 1990年代以降、地上波テレビはBS、CS衛星チャンネルを通じて徐々に拡大し、ケーブルテレビの拡大は視聴選択の幅をさらに広げました。 この進化は、近年、スマートフォンやタブレットの普及とネットワーク技術の発展に続き、モバイルインターネットテレビの時代を開きました。

純粋に市場の力に任せると、スポーツコンテンツの有料オンラインプラットフォームへの着実な移行は避けられません。

たとえば、日本のAmazon Prime Videoは、4月9日、さいたまスーパーアリーナでカザフスタンのIBFワールドチャンピオンGennadiy Golovkinと日本のWBAスーパーチャンピオンMurata Ryōtaとのミドル級ボクシングの試合をストリーミングしました。 実際、購読サービスがライブスポーツコンテンツに進出したのは最初であり、戦いのグローバル著作権保有者DAZNから国内放送を重視する村田のプロモーターとマルチファイト契約を締結した。 スポーツがオンラインの主要な戦場になっている方法の別の例ですストリーミングサービス。

これらすべてを時代の兆候として説明するのは当然だと言うようです。 しかし、同様に明らかなのは、スポーツ界がもはやメディア環境の継続的な変化を無視できないということです。 しかし、これらの取引を主な収入源として受け入れることに加えて、管理機関はスポーツの人気を維持する方法についても心に留めておく必要があります。

サッカーという話題に戻り、日本全域の子どもたちが今年のワールドカップ予選を通じて代表チームの成功に従えたのだろうか。 多くの小学生がスマートフォンを所有している可能性がありますが、有料購読サービスに参加することは想像するのが難しいです。 そして、単にテレビの電源を入れてサッカーに触れる機会を取り除くことは、最終的にサッカーの人口を減らす方法でサッカーへの参加を制限する可能性があるようです。

日本が1998年ワールドカップ本選に初登場した時、チーム全体がJリーグ選手たちで構成された。 しかし、先月シドニーで行われた重要な予選競技に参加した26名のスクワッドのうち、18名が欧州クラブと競技を行っています。

日本代表チームをテレビで見る機会が不足し、Jリーグでも日本最高の選手たちを見る機会が制限的だ。 熱心なフォロワーは間違いなく有料購読サービスに熱狂しますが、子供や一般のファンはスポーツに参加する機会が減ります。

公共資源としてのスポーツマッチ

JFA会長の田島彦がワールドカップの報道に関する新しい規制ガイドラインの必要性を説明する際に念頭に置いたのは、一部のヨーロッパ諸国で見られるシステムと似ていました。 これは、主要なスポーツ競技の生中継を無料放送プラットフォームで提供する必要があり、このような普遍的なアプローチの異常は、特定のスポーツ競技を見る機会がすべての市民の基本的で譲渡できない権利でなければならないという考えに由来します。

1996年、イギリス政府は「スポーツの王冠」と呼ばれる指定されたイベントを無料で放送できるようにする放送法を導入しました。 これらは、地上波ライブを義務付けるカテゴリAイベント(有料チャンネルによる同時追加カバレッジの一部の範囲がある)とハイライトまたはビデオ遅延カバレッジが無料で提供される限り、有料プラットフォームで独占生中継が可能なカテゴリBイベントに分けられます。 空中波。

カテゴリーAイベントには、FIFAワールドカップ決勝戦、FIFA女子ワールドカップ決勝戦、UEFA欧州選手権大会のすべての試合、FAカップ決勝戦、オリンピック&障害者オリンピック、ウィンブルドン選手権大会テニス決勝戦、ラグビーワールドが含まれます。 カップ決勝戦。

一方、カテゴリーBは、本国のワールドカップや欧州選手権大会予選の試合とともに、IAAF世界選手権大会陸上競技、ブリティッシュオープンゴルフ、ウィンブルドン、ラグビーワールドカップの非決勝トーナメントの試合を含む。

1990年代から、グローバルメディア財閥であるRupert Murdochが所有するサービスが急成長するイギリスの購読衛星テレビ市場を掌握し始め、その過程で様々なスポーツイベントに対する中継権を獲得しました。 同様に、ドイツ、イタリア、スペインなどの衛星テレビの資金の流入は、サッカーをビジネスに膨大な成長をもたらしました。 しかし、同時にスポーツに参加する機会が減り、一般大衆との断絶の恐れも生じました。

一方、オリンピック中継権の価値も増加し続けていますが、国際オリンピック委員会(IOC)は依然としてすべての地域で保証された無料放送中継レベルを規定しています。 これに対する根拠は、純粋に有料放送への転換がオリンピック観覧の楽しみを貧しい国家の視聴者が到達できないところに追いやり、スポーツを通じて世界平和を増進しようとするIOCの使命を危うくするからだ。

しかし、日本では、公共資源としてのスポーツ報道の概念と普遍的なアプローチの理想は通用が制限されていますが、最近の出来事はスポーツの根本的な重要性に関する議論を引き起こしました。 そして、スポーツが最終的にライフスタイルを豊かにするための重要な方法と見なされる場合は、次の世代のためにこれらの重要な社会的資産を最もよく保護する方法についてさらに議論する必要があるようです。

(原文は日本語で発行される。バナー写真:3月24日オーストラリアを2-0で破って7回連続ワールドカップ本選進出を確定した後、シドニーで喜ぶ日本男子サッカー国家代表チーム。©AFP/Jiji.)

READ  日本の食料自給自足論争は核心問題を見落とす – The Diplomat

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close