理科

本当に優秀な人は「考える力」よりも「見る力」の違いを出している|感覚を磨く|ダイヤモンドオンライン

名画鍛えビジネスセンス

これからのビジネスマンに必要とされる能力に注目を浴びている「知覚」──。 その力を高めるための科学的な理論と具体的な教育方法を解説した「画期的な一冊」が刊行された。 メトロポリタン美術館、ボストン美術館で活躍してイェール・ハーバード大学で学んだ神田フサさんの新刊「感覚を磨く──会話を観察するように世界を見る技法」である。
将来の見通しのない時代には考えは本来の力を発揮することができなくなる。 だからと言っているのは、思考の前提となるのか、すなわち、「知覚(perception)」である。 「どこに目を向けて何を感じるか? ” “感じの事実をどのように解釈するか?」──すべての知的生産の”最上流 “は、これらの認識の過程は、この「初動」に大きく左右されます。「思考力」は決算結果を合わせる時代が終わろうとしている今、一番最初に研磨するのは「考え」以前」の力=感覚」である。
その感覚を高めるために一体何をすればいいのか?本稿では、特にで一部を抜粋・編集して紹介する。

写真:Adobe Stock

見ていると考えて見ていない私たち

人間の知的生産は “知覚→事故→実行「3つのステップがあります。

目の前の情報を収容して解析を行う(<1> 知覚)、それに対する問題解決と意思決定をした後、(<2> 事故)、実際の通信や性能に落としていく(<3 > 実行)。 M&Aの準備会議セッティング部屋改造で子供の学校の選択日常的な買い物に至るまで、すべての分野で私たちは、この三段階を踏んでいます。

ここで重要なのは、知的生産の出発点は、認識があるということです。 本人がどのような認識を持っているかどうかに応じて、その後ろに「下流」プロセスの質が大きく左右されます。 ビジネス上の問題解決と技術革新、さらに日常の小さな結晶と人生の決断とハン成否も感覚の影響を受けています。

ところが最近、この深刻な能力が失われています。

何よりも人間は「純粋に見 “できなくなっているです。 もちろん、これは視力が低下しているという意味ではありません。 いくつかの先入観も持たず、ただ目の前のもの・事件をありのままに見ることができなくなっているのです。

皆さんも、普段「見る」という行動を振り返ってみてください。 「探し物を見つけている」あるいは「ただぼんやり蔓延見ている」とケースが大半を占めているのではないでしょうか。

「純粋に見る “機会が減ると、人間の感覚は下落しています。 どんなに高い思考力を持っていても、最初にとった認識が大きく悪いか、歪曲したりすると、その前に悲惨な結果が待っている。 逆に感覚を磨くことに成功した場合、まるで水圧モータを駆動するように知的生産の流れ自体を強化し、創造性を高めることができるでしょう。

「知覚力をどのように拭いていく」は、人間に与えられた永遠の課題であると言うこともできる。

なぜ「子供にも注意以上」に注意してい?

試しに、次の図を参照してください。 これは、人間の胸部CT画像です。ここで「一つの異常」があるが、それはどの部分を正確に把握するのだろうか?しばらく観察してみてください。

出典:Trafton、et al。、 心理学

READ  パナソニック非接触次は密解決 - 濃縮を避けるために、システムの構築に - CNET Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close