エンターテインメント

東京はコロナ19の準備ができたと言う。 地震はいかがでしょうか?

TOKYO – Covid-19流行がオリンピック企画を圧倒する巨大な事件を防ぐ画期的な任務を任せずっと前に東京オリンピックのもう一つの最悪のシナリオが登場しました。

地震。

日本は危険をよく知っています。 過去と未来の地震は日本人の考えで離れる場合がほとんどありません。 全体の政府部門は、地震の備えに専念して、学生会社員は、日常的に実践訓練を受けて、建築家と建築業者は揺れだけ崩れないように高層ビルを設計します。

避けることができないことが、いつでも来ているので準備は、日常的な運動です。 毎月東京の中心部から感じられる複数の地震は、ほぼ気づかなかったが、通知を送信します。 2月には、日本の東を襲った大規模な地震が発生し、2011年に19,000人以上が死亡して核爆弾を触発した壊滅的な地震と津波10周年を思い起こさせました。

唯一確かなことはもう一つの大きなものが来ていることです。 しかし、時? そして、それがオリンピックやパラリンピック中合えばどうでしょうか?

東京よりダイナミックな場合はありません。 海外の観客がなくても、世界で最も大きく、密度の高いことも一つの集中海外選手、コーチ、スタッフ、およびメディアのメンバーが数千人に達することです。

これはコロナウイルス感染症以前にも歴史の中で最も熱いオリンピックになる可能性があるオリンピックを準備していた東京2020の主催者たちに挑戦します。

津波や台風は言うまでもなく、地震、学校、企業、軍は地震の脅威に絶えず備えています。 しかし、大都市を訪れたオリンピックの訪問者(真剣な状況で何をすべきかわからない人)は、最もよく計画された災害対応にも混乱やパニックを引き起こす可能性があります。

2011年の地震と津波の余波で、非営利団体と協力して、災害の専門家Robin Takashi Lewisは「日本の人々は、災害に関連して基本的な知識層を有する傾向がある。 しかし、「言語、文化の理解不足や訪問者としての人が持つ他の脆弱性などの要素を追加すると、状況が10倍より複雑になります。」

オリンピック競技場を含む日本のすべての新築の建物は、厳しい耐震基準に従います。 新築は、日本の地震の規模から6.0以上の揺れを測定する地震に耐える必要がある。

東京で東京都庁都市の建物の部門の地震抵抗責任者昌典後カオ(Akinori Fukao)は、政府が、特に道路を防ぐことができるゴミの立案者が懸念していた市内の主要道路に沿って、古い構造物を補強するために、建物の所有者と協力しと述べた。 緊急車両で使用されます。

多くのオリンピック競技場が東京湾の埋立地に建てられたが、国土交通省の関係者は、激しい地震発生時の土壌の強度と剛さを失う土壌液化から保護したました。

しかし、海面下の土地にアクアティックセンターを含むいくつかの場所が建設され、2011年に発生した地震による津波に脆弱です。

専門家は、広く、広大限りだけで行われる曲がり狭い入口の東京湾の形状は、大規模な津波の助けにならないと述べた。 しかし、すべての場所があるわけではない。 たとえばサーフィンサイトは保護されていない日本の東海岸に沿っています。

ワイルドカードは、大規模観覧席を含むオリンピック専用に構築されている一時的な場所の数です。 政府のエンジニアたちは、地震に対処するための追加の補強とともに、日本の厳しい建築法を遵守することを主張します。

日本の地震の規模は7つのうち4つ以上の地震が発生した場合には、国土海洋部またはオリンピック組織委員会は、機関の12,000人以上のエンジニアが、建物を確認できるように、オリンピック中断を要求する可能性があります。 構造の整合性のために。

大流行前に日本が数十万人の海外観光客を迎えると予想したときの主な関心事は、一般的な日本人ほど冷静に反応しないことがある公務員、スポーツ選手やメディアのメンバーに地震プロトコルを提供することでした。 どの競技場でも出口に尖った形状があると想像してみてください。 ファンたちは日本人に制限されて競技場の半分の庭になるだろうが、数万人の外国人選手、コーチ、関係者とメディアのメンバーが参加することです。

国土部部長松本一樹は「日本人だけあった場合「地震が発生した」と言うことができる。 「しかし、外国人に「地震が発生したが大丈夫です。 慌てないでください。」

東京周辺のいくつかの公園やオフィスビルは、ホテルに入ることができない人のために避難前哨基地に指定されました。 しかし、訪問者がどこへ行くかどのように知ることができているかは明確ではありません。

札幌のマラソン、福島の野球、千葉のサーフィンなど多くの地域で開催されるイベントを通じて主催者は、緊急時に訪問者を迅速に海外にエクスポートする方法を考慮する必要があります。 「人々が到着すると、大使館に登録しますか?」 ルイスは言った。 「人々がとどまるところを追跡するシステムがありますか?」

国土部は14の言語に地震への備えと対応アプリを開発しており、空港、駅やホテル情報ポスターを掲示して、訪問者がダウンロードできるように誘導する計画です。 しかし、オリンピックのリスクメッセージは、地震やその他の自然災害よりもコロナウイルスに重点を置きます。

日本は、一般的に以下のように使用して地震を測定します。 気象庁地震の強さの尺度、0から7までです。 1は、静かな部屋のいくつかの人々がそれを感じることができていることを意味します。 a 3は、ほとんどの人が揺れを感じることができるときです。 a 5は、皿が棚から落ち家具が倒れことができる場合です。

東京大学名誉教授であり、本部地震調査委員会委員長である平田出る(Naoshi Hirata)によると、過去5年間平均で東京中心部では毎年約60回のフェルト地震(強度尺度で1回以上)が発生したとします。 地震研究促進のために。 昨年一年の間、60件の地震のうちひとつだけが強度評価4以上に達している。 今年2月に発生した地震は、東京から約4件、福島で6件発生しました。

「だから、オリンピック期間中の地震を感じる可能性が非常に高くなります。」とHirataは言いました。 「しかし、必ずしも非常に破壊的な地震はありません。」

オリンピック主催者側が直面している課題は、非常に重要です。 大きなことはないようだが、小さな地震が起こる可能性があります。 主に外国の管理とジャーナリストに満ちた場が揺れ始めたらどうでしょう? オリンピック村の選手が眠りから目を覚ますいかがでしょうかそして、それは本当に大きなものであればどうでしょうか?

歴史的に大地震は一世代に一度東京大都市を襲ったヒラ乗ると述べた。 アメリカ人に馴染みのリヒタースケールを使用して、地震の研究委員会は、今後30年の間に、東京での規模の7以上の地震が発生する可能性が70%に達します。

最後は33年前の1988年だったが、ひら乗る地震が定期的事件ではないと警告します。 東京が、必ずしも延滞はありません。 次に大きいのは、1988年のような日付と同じように、明日ストライキする可能性が高いと述べた。

比良乗る “オリンピック期間に非常に大きな地震が起きる確率は日本人が一生の間に、そのような地震を受ける確率に比べて非常に少ない」と述べた。 「もちろん、ここで何度も被害を受けたので、まだチャンスがあります。 このような大きな地震に備えてください。 “

他の日本の科学者たちは、時期の詳細については警戒心を持っています。 京都大学地球科学の名誉教授である弘樹蒲田(Hiroki Kamata)は、2011年の東日本大震災と、多くの場合比較される朝刊大地震と津波が発生したか、9年後の878年に現在の東京に知られている地域で大規模な地震が発生したと指摘しました。

Kamataは「特定の月の特定の日に地震が発生すると言うことができません。 「しかし、私たちは、これらのストレスが地上で発生して地震が、そのような時間の周りの特定の地域を襲った可能性があることを計算して言うことができます。 “

日本には、オリンピックの時期に地震の歴史があります。 1964年の東京オリンピックが開催される数日前に、ニューヨーク・タイムズは、地震が「ジングル距離料理 “と思わず報道しました。

6,000人以上が死亡した1995年阪神大震災以降、一部の人々は、1998年長野冬季オリンピックの準備を妨害するかどうかを疑問視している。 ドイツオリンピック管理は、彼らが安全であることを確信を望んでいた。

開幕日に東京で6.6の地震が発生したが、約100マイル離れた所五輪では、そうでなかった。

しかし、冬季オリンピックの間に長野の近くで規模5の地震が発生しました。 10秒の揺れは、競争に影響を与えなかったが、ベッドがガタガタながらプレスセンターが揺れ近くの高速列車が停止しました。 (ドイツのスキー選手であるMarkus Eberleは「少しの揺れ後も問題なくバランスを維持したが、丘の下に、より落ちた」とThe Timesは男スラロームで報道しました。)

2018年には、札幌は致命的な地震がこの地域を襲った後、2026年冬季オリンピック誘致を撤回して優先順位を再調整しました。

今年東京オリンピックは、2011年の地震と津波による核爆弾で破壊された福島地域を活性化するための方法として推進されています。

訪問者は、日本の緊急事態のための準備が広範囲であることに安心することができ、いくつかの機関が毎年訓練を通じて災害の洗練されたドレスリハーサルを開催します。

2019年秋、東京郊外の多摩で開かれた典型的な訓練で500人の救急隊員、医療専門家、自衛隊員とボランティアが公園の大規模なセットから1時間の間猛暑の中でシミュレーションを行いました。 合板で作られた複数の構造物が大規模地震に膜右のように見えるように作られました。

いくつかの建物は泥で沈み、他の建物は、複数の大きな亀裂に塗った。 ヘリコプターが空中をぐるぐる回るながら救助隊員をハーネスに降りて屋上から犠牲者を引っ張った。 ドローンが被害を回した。 消防車、軍用トラック、救急車やバイクに乗っ警察は乗組員と一緒にスピードを上げて炎を噴出たり残骸に閉じ込められた人々を追い出しました。 訓練された犬は、被害者と爆発物を見つけてにおいを務めました。

他の場所では、医師、看護師、さらには歯科医師も補綴物に傷を負ったか、骨が折れたかのように行動するように指示された大学生ボランティアを治療する練習をしました。 下水道労働者たちは、5分以内にマンホールの上に一時的便器を立てることができる方法を実証しました。

「日本は地震や台風が多く、危険と災害が多いのです。」多摩訓練を総括した東京都の元防災計画と緊急サービスの責任者である佐藤義昭氏は言いました。 「そして、私たちは、彼らがいつ来るかわかりません。 私たちは、このような災害がいつの日か、明らかに発生ことを知っています。 “

「私たちは働いています。何でも大丈夫ことができるように準備するために努力しています。 “

Makiko Inoue と Kantaro Suzuki 寄与報告します。

READ  松本明子、デビュー37年ぶりに初のコンサート「フリフリの衣装は、自己負担となります!」| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close