トップニュース

東京2020、東日本大震災復旧を強調するガイドブック発刊

東京2020オリンピック・パラリンピック主催側が東日本大震災10周年を記念するための努力の一環として、メディアガイドブックを出版しました。

メディアキットは、災害に深刻な影響を受けた東北地域の回復と再建を支援するゲーム関連イニシアチブの詳細を提供します。

日本の史上最大規模の9.0の地震で約16,000人が死亡しており、2011年3月11日福島の原子力発電所で津波が事故を起こしました。

地震復旧は東京2020で五輪開催を後押しする重要な原則の一つとして統合しました。

野球とサッカーの試合は、東京が今年末延期されたオリンピックを開催するときに、この地域で開催されるイベントの一つです。

組織委員会の目的は、災害の最も大きな影響を受けた岩手県、宮城県、福島県の復興の現状を伝え、全世界の支援に感謝することです。

ガイドブックには、3月25日、福島で始まるオリンピックの聖火リレーの災害被災地で調達された食糧、木、花およびその他の物品を、オリンピック施設の提供に活用しようとする努力が含まれています。

また、これらの取り組みに参加した人々とのインタビュー、他の国との交流活動を詳細に説明し、地震で影響を受けた人々の感情と東京2020年大会への期待を文書化します。

岩手県文化体育局長石川義昭(Ishikawa Yoshiaki)は、東京2020 “を回復と再構築ゲーム”として描写しました。

東日本大震災が2011年3月襲ったとき、数千人の日本人を殺した。 ©Getty Images
東日本大震災が2011年3月襲ったとき、数千人の日本人を殺した。 ©Getty Images

義明は、「岩手県は、日本と海外で受けた支援に感謝を表し、我々は再建プロセスを全世界に伝えたい」と話した。

「さらに岩手の魅力をご紹介したいと思います。

「ここには、世界文化遺産、地域芸能、様々な食品やその他の製品が含まれます。

「回復と再建ゲームは、地震や津波からの回復を支援する力の源となります。したがって、我々は、沿岸地域を促進し、未来が休むことができる子供の夢を実現するために先頭に立っています。 “

宮城県震災復旧ポリシー企画部所属のオリンピック・パラリンピック推進局長大山明美さんは東京2020は、地域の再建の程度を、世界に知らせることができる「良い機会」と述べた。

明美さんは「東日本大震災が発生して10年が経ちました。」と言いました。

「宮城県は、世界中の人々から多大な支持を受けています。心から感謝申し上げます。

「私たちは、宮城観光客が大会イベントに参加するだけでなく、この機会に、私たち県のいくつかの場所を訪問し、宮城の魅力を楽しむことができると思います。」

福島県文化体育局長誠露地(Noji Makoto)は次のように付け加えた。 「私たちはまた、私たちが再建を介して成し遂げた進展を示すだけでなく、私たちがまだ直面しているさまざまな課題を強調したいと思います。

「このメディアキットに詳細に説明されたイニシアチブとそれほど難しいことくださった地域住民の声を介して前例のない災害を克服した地域では、今の福島を世界に伝えたいと思います。回復に向かって続けて進んでいます。」

READ  岡本健一再婚した圭人、20歳以上離れた弟 - ジャニーズ:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close