東芝、構造調整努力で日本職員4000人解雇

1 min read

東芝

東芝は去る12月上場廃止以来、構造調整努力の一環として日本内で約4,000人の雇用を削減する計画を発表しました。 この動きは、日本産業パートナーズ(JIP)が主導するコンソーシアムが主導する130億ドル規模の買収以来、会社内スキャンダルで毀損された激動の10年が終わったことを意味します。

ロイターコミュニケーションの報告によると、東芝を回生しようとするコンソーシアムのこの試みは、かつて「はたか」またはワシとして知られている部門である日本のプライベートエクイティへの試みと見なされています。 自動車大企業は、同社がオフィスの運営を東京中心部から川崎に移転する計画だと述べた。 また、3年内の営業利益率10%達成を目指している。

日本の保守的なビジネス空間で非核心資産を売却しようとしたり、継承の問題に直面した企業は、今やPE企業に近づいています。

最近、複写機メーカーコニカミノルタ、化粧品大企業資生堂、電子メーカーオムロンなど複数企業が減源を発表したという点は注目に値する。

昨年12月20日、東芝は東京証券取引所で上場廃止され、74年の上場会社の歴史を終えた。 JIPが買収される前に、JIPは8年の間に混乱を経験しました。

最近の解雇は、多くの企業が大規模な人員削減を発表した時点で行われました。 自動車部門ではテスラやフォードのよ​​うな巨大企業も運営を合理化するために解雇に乗り出した。

READ  締め切りのヨーロッパ市場、収益、データ、ニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours