松岡広高教授、ソウル大学で「日本スポーツビジネスの懸案」講義と研究交流 – Top Global University Project: Waseda Goes Global

Estimated read time 1 min read

松岡広高教授、ソウル大学で「日本スポーツビジネスの懸案」講義と研究交流

2024年2月6日(火)、早稲田大学スポーツ科学部とソウル大学と学科間協約締結式を行いました。 イベントが終わった後、Top Global Universityプロジェクト健康増進部副団長でもあるスポーツ科学部学長である松岡弘隆氏が現地の学生に講演をしました。

松岡教授は「日本スポーツビジネスの懸案」というタイトルでソウル大学師範大学体育教育と学生たちに講演をしました。 現地の学生以外にも様々な国から来た留学生30人余りも参加した。

講演後は質疑応答時間が続き、参加者は積極的に多くの質問を投げた。 学生は日本のスポーツビジネスに関する研究に多くの関心を示した。

講演が終わった後、代表団は研究交流会とキャンパスツアーを行いました。 パク・ジェボム副教授(人体生体力学)、イ・ヨンホ教授(老人リハビリ運動)、ムン・ヒョヨル副教授(運動生化学)が自身の研究活動を紹介し、研究室の学生たちも討論に参加した。 施設の見学を通して、訪問者は屋内ゴルフ練習施設、学生ジム、体操競技場を訪問しました。

左上:体操競技場。 右上:学生ジム。 下段:屋内ゴルフ練習場

講演後に撮った韓国由来のフィンガーハート団体写真。

READ  [2 개월 연속 MVP]DeNAの韋駄天・32歳梶谷隆幸た「球団新記録 "42"までの道」 - プロ野球 - Number Web
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours