トップニュース

林前国防長官、日本外務相候補を検討

東京 – 日曜日総選挙後、執権自民党指導部の予期せぬ改編の一環として、林義正元日本防衛賞が次期外務相候補として有力な候補に浮上した。

転換は、アマリ・アキラが自民党初の事務総長になった後(基本的に党の2番役)、単一の議席区域を失うことです。 アマリは岸田文夫首相に辞任を提案した。

岸田首相は来る11日、当会議で、モテギ豊富外務相を新任事務総長に指名する予定だ。 岸田が率いる党内派閥である林は、モテギに代わる最高外交官として取り上げられている。

林前参議院議員は日曜日、山口県から参議院議員に選出されました。 2008年、福田康夫首相時代、防衛賞を務めた60歳の彼は、福田首相の辞任で2ヶ月も満たない期間、その場を守った。 安倍晋三首相時代、文部科学省長官を歴任した。

Hayashi は Harvard Kennedy School of Government で修士号を取得しました。

岸田議員は月曜日自民党本部でモテギに会った。 首相はモテギに「党を具体的かつ果敢に改革してほしい」と要請した。

モテギ議員は10回の国会議員で経済財政政策長官、自民党政策研究局長など主要要職を歴任した。 彼は現在、自民党の竹下派閥の代行職を務めている。

モテギ首相は「コロナ対応と同時に党改革を推進する」と話した。 国民の信頼に応えることができる政党を作ることが重要だ」と話した。

READ  平和を願う日本車名将の願い(1編):第2次世界大戦自殺任務の暗い過去に直面している

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close