トップニュース

柔道柔道カー高遠、日本初の東京2020金メダル獲得

東京、7月24日(ロイター) – 多加藤出久が140年前の日本生まれの適切な種目である男子柔道60kgで優勝してオリンピックの栄光を渇望する開催国として、東京五輪初の金メダルをもたらした。

台湾ヤンヨウンウェイ(Yang Yung-wei)との勝利にも加藤は公開の場で涙を流しながらコロナ19ファンデミク中で、日本武道とコンサート会場のメッカである日本武道館の空の競技場にファンがないのと対照的であった。

「重いです。夢を見ていると思う。」 後ですべての笑顔を犯したTakatoは首にかけている金について尋ねると、記者たちにこう言いました。

2016年のオリンピックで銅メダルで国民を失望させた、世界3連覇柔道カーはサドンデスゴールデンスコア期間に行われる決勝戦で3勝をおさめ表彰台に上り下り快挙を成し遂げた。

彼は60kg級準々決勝で深剃りをしており、ゴールデンスコア延長戦でジョージア相手であるLukhumi Chkhvimianiのサンパウロ勝利しました。

16強予選でTakatoは、ベルギーJorre Verstaetenを相手にイポンを伝えました。

Takatoは「劉大会で失望でした」と言いました。 「ここまで来る長さ遠かった。 “

1964年に日本オリンピックのために建設された8面日本武道館で試合の間に衛生要員がコロナウイルス感染のリスクを最小限に抑えるため、黄色の畳の上に消毒剤スプレーをまきました。

騒がしいポップ、ロック、ダンスミュージックが戦いの前に雰囲気を造成するために使用された。

日本の力

Takatoの勝利は、日本で始まったスポーツで日本の力を強調しました。 銅メダルは、カザフスタンのYeldos SmetovとフランスのLuka Mkheidzeに戻りました。

日本の女子柔道後や土日泣き(Funa Tonaki)は48kg級で決勝に上がったが、コソボのDistria Krasniqiに敗れており、同じ日Takatoとダブル金メダルを獲得するまでに一版残りました。

オリンピックデビューをした1回の世界チャンピオンであるTonakiは延長戦ゴールデンスコアウクライナのダリアビルデッド(Daria Bilodid)を破り、決勝戦(誘導のノックアウトに該当)に準決勝で勝利した。

いつもと変わらず大会までに先立ちてきた開催国として苦い一日でした。

オリンピック2回オールラウンドチャンピオンと7つのオリンピックメダルを保有している「王」内村康平のキャリアは、体操部門で予選を通過しないのに突然幕を閉じました。 続きを読む

日本も過去の土曜日水泳1位を占めた瀬戸ダイヤが男400mメドレー決勝進出に失敗し開幕戦で打撃を受けた。 続きを読む

それにもかかわらず、自宅で封鎖令下でオリンピックを見ている多くの観客はTakatoの喜びの瞬間に元を獲得しました。

小池百合子東京都知事はツイッターに “日本初の金メダル!5年前にリオデジャネイロでの苦い経験を​​もとに成し遂げた驚くべき偉業」と「おめでとうて感謝する」と述べた。

梶モットーテツ時見Kiyoshi Takenakaの追加レポート; 編集ジョンストーンストリートとケンフェリス

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  GoTo停止提案コロナ分科会「ステップ3」地域の一部 - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close