核議論後の「オッペンハイマー」来年の日本公開

Estimated read time 1 min read

ユニバーサルピクチャーズの「オッペンハイマー」が来年日本で上映される予定だと、現地配給会社が木曜日明らかにした。 この映画は広島と長崎市の原子爆弾の破壊を概ね無視するという批判の中で発売が疑われた。

原子爆弾の先駆者J.ロバート・オッペンハイマーに関するクリストファー・ノラン監督の電気映画は7月公開以来、世界的に9億5千万ドル以上の収益を上げました。

東京に本社を置く配給会社のVitters Endは声明を通じて、この映画が2024年に日本で公開される予定で、この映画が「様々な映画上で先頭ランナーとみなされている」と明らかにした。 具体的なリリース日は明らかにされていません。

配給会社側は「この映画の素材が我が日本国民に非常に重要で特別な意味を持つだけに、様々な議論と苦心の末に日本の封切りを決定することになった」と明らかにした。

ハリウッド映画がアメリカの公開日以降に日本で上映されるのは一般的ですが、核攻撃を経験した唯一の国では、「オッペンハイマー」の公開に対する感度が高まりました。

多くの日本人はまた、同じ時期に公開された別のブロックバスター映画「バービー」と映画を結ぶ草の根マーケティングキャンペーンに不快感を感じました。 ファンが制作した映画スターのイメージと核爆発イメージを一緒に使用しました。

すでに「#NoBarbenheimer」ハッシュタグを共有していた日本の利用者たちは、バービー映画の米国アカウントが投稿に「記憶に残る夏になるだろう」という文を載せるとさらに怒った。

第2次世界大戦が終わる頃、米国が8月6日、広島と8月9日、長崎に原子爆弾を投下して20万人を超える死亡者が発生した。 毎年、日本は厳粛なイベントを通じて記念日を記念し、核の不拡散を促しています。

READ  iQIYIのリアリティショーYouth With Youシーズン3、いくつかの国でおトレンドリスト1位を占めてグローバルヒットを記録
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours