sport

楽天渡辺直人が引退会見「出場機会がなくなった」 – プロ野球:日刊スポーツ

引退会見で涙を流す楽天渡辺直人

今季を最後に現役引退を宣言した楽天渡辺直人内野手兼1群打撃コーチ(39)が13日、仙台市内で会見を行った。

ユニフォーム姿で登場。 「今回渡辺直人は現役生活を引退することを決めたことを報告いたします。今までここまで野球を続けるに支えてくださったすべての方々に感謝を申し上げます、本当にありがとうございます」と挨拶した。

決定の理由は、「まだシーズン中なので、自分のものに、このような引退発表の場を作ってくれてありがとうございしていますが、自分の中で一つの結び目を作ってたいと思い、今の時期に発表させていただきました。シーズンの半分を過ぎて、自分の出場機会がなくなった。それが最も大きなカギであり、コーチ兼任することで、自分は今までうまくなりたい自分が試合に出て活躍したいと強く思いましたが、若い選手の試合に出ている選手の成功が非常に喜んで感じるようになり、若い成長を助けていることに若い絶望的な顔を見ているかどうかとても幸せ気分になって選手としては、他のだろうか、ということで決定した」と述べた。

多たときに引退し、以前から決定した。 「今でもうまくいってたいと練習している。野球が大好きなので、なかなかだしているほど買うことができません。今うまくなりたい」と率直な思いを口に「楽天に入団していろんなことがあって、最後に楽天のユニフォームを着て引退すること自分の夢。 幸せだと思います。 今の自分があるのは、入団して、幼い時に成長させていただいたので、今はいつか恩返ししたいという思いはずっと持っていた。 元々あった時もそうですし、他の球団に移っても仙台でプレーするときは、多くの声援を受けて、その声援に…」と言う言葉に詰まり、目を浮かべた。

花束は岡島豪郎キャッチャー浅村栄斗内野手がびっくり通過した。

◆渡辺直人(渡辺・直人)1980年(昭和55)10月15日、茨城県生まれ。 牛久 – 城西大 – 三菱ガワサキウル経て、2006年に大学・社会人ドラフト5番目に楽天入団。 10年12月に金銭取引で横浜移籍。 13年7月には、長田秀一郎投手とのトレードで西武移籍。 17年オフセイブウル電力から除外され楽天復帰。 オールシーズン打撃コーチ兼任。 07〜09、11年の規定打席。 11年オールスター出場。 173センチ、73キロ。 右投げ右打ち。 今季推定年俸2000万円。

READ  ウィリアムズF1クレア・ウィリアムズの退任を発表...家族が終焉[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close