エンターテインメント

樋口レイ、61kgで日本、金メダル7個で世界大会優勝

日本の樋口レイは日曜日に開催された世界レスリング世界選手権大会男子フリースタイル61kgで優勝し、大会最終日祖国の7番目の金メダルを獲得しました。

2016リオデジャネイロオリンピックで57kgの銀メダルを獲得したヒグチは、ベオグラードで開かれた決勝戦で、イランのレザ・アマダリ・アトリーナガルチ(Reza Ahmadali Atrinagharchi)を10-0で破ってビオリンピック種目で初世界タイ

日本の樋口レイ(前)が2022年9月18日、ベオグラードで開かれたレスリング世界選手権大会男子フリースタイル61kg決勝戦で、イランのレザ・アトリ・ナガルチ(Reza Atri Nagharchi)と競争している。 (刑務所)

昨夏、東京オリンピックで57kgで5位を占めたイラン選手は、ダブルレッグとシングルレグのテイクダウンを成功させ、2分42秒で金メダルを首にかけた。

「ついに私ができることを見せてくれた」と樋口は、リオオリンピック以来65kgまで上げたが、東京オリンピック代表チームに参加できず、再び57kgまで下がったと話した。

「安全で安全に優勝して安心になります…オリンピックでどうすれば金メダルを獲得できるか悩んでいます。今回の優勝に満足せず改善すべき部分が多いです」 彼は言った。

日本は1979年、成国大志がビオリンピック体級の70kg体級で優勝した後、初めて男子フリースタイル世界選手権大会で2つの金メダルを獲得しました。

日本はセルビア首都で開かれた30の大会で13のメダルを獲得しました。


関連範囲:

レスリング: 日本の櫻井卓一、キャップワールドチャンピオンデュオの一員になる

レスリング:桜井、世界で日本の5番目の金メダルのためにMaroulisを破ります。

レスリング:スサキ、森川、世界c’shipsで金メダルを獲得


READ  KCON、フェスティバルがオフラインイベントに戻り、シカゴデビュー – NBC Chicago

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close