スポーツ

横浜フットサル代表チームにミャンマー出身難民募集

ミャンマー代表チームのゴールキーパー・ピエリアン・アウン(Pyae Lyan Aung)は、2月に母国で発生した軍事クーデターに抗議し、日本に亡命した後、横浜で新しい宝を探した。

彼はJiro Yoshinoが議長を務めるYSCC Yokohama Futsal Clubでプレーする機会を与えられました。 フットサルクラブはJリーグの3部リーグであるYSCC横浜所属です。

56歳の吉野(Yoshino)は「サッカーの機会を失ったこの青年の顔に笑顔を取り戻したかった」と話した。

Pyae Lyan Aungはミャンマーのワールドカップ予選に参加するために5月に日本に来ました。 彼は去る5月28日、千葉で開かれた日本との試合でミャンマー軍部クーデターを起こした国軍に対する抵抗の象徴である3本指を聞いた。 彼は試合後に帰国しないことに決め、来月難民申請をした。

ニュースを聞いたYoshinoはPyae Lyan Aungを横浜クラブに練習生として招待しました。

吉野は「同僚のサッカー選手として私ができるすべての方法で彼を助けたかった」と語った。

このゴールキーパーは、日本政府が日本に居住するミャンマー人の追放を防止するための緊急措置によって、7月に初めて「指定活動」ビザを受け、6カ月間国内に滞在して働けるようにした。 彼のビザの状態は現在米国で最大5年を許可します。

吉野は中学校でサッカーを始め、同年の1986年にコーチで横浜クラブに加わりました。 サッカーを通じた世界平和のための球団の方針により、過去ベトナム、インド、フィリピンなど開発途上国の子供たちに装備を寄贈した。 クラブの選手たちは、ナイジェリア、ペルー、香港を含むさまざまな国や地域から来ました。

Yoshinoは、多様性が標準とされている港町横浜で成長し、これがチームの基盤となりました。

吉野は、「ミャンマーの現状と難民の苦境について、人々がもっと知りたいと思っていました」と言いました。

横浜の五島吹町地区は日雇い労働者の地域としても知られており、クラブの選手たちが地域住民の健康改善を目指して運動プログラムを主催することになりました。

「私は私たちが地域社会で必要なメンバーになることを願っています」と彼は言いました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本のパラリンピックプログラムの95%がCOVID-19急増の影響を受けます。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close