世界

欧州最高の知性が予言 “多くの企業が大都市を離れ本社を中堅都市に移す”コロナ禍に進む巨大都市の変貌| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

新型コロナウイルスは、巨大都市の姿を変えている。 「欧州最高の知性」と呼ばれるジャック・アタリは「今回の危機で都市景観変貌する。 人々は都市生活に見切り企業も大都市から離れていくだろう」と – 。

※本稿は、ジャック・アタリの森昌弘・坪子さとみ駅」生命の経済パンデミック後の新しい世界が始まる「(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

写真= iStock.com / Melpomenem

※写真はイメージです

都市景観変貌するだろう

今回の感染によって都市に住む住民の健康に危険であると考えが蘇りました。 明らかに、ミラノ、マドリード、ニューヨークなどの大都市では、新型コロナウイルス感染による死亡者が多い出ている。 過去には、伝染病が発生するたびに、都市計画によってクリーンなまちづくり推進されたように、今回の危機でも人口の密集を解消するために、都市の景観変貌するのだ。

人々は巨大な都市での生活を放棄

都市居住者は、今回の危機を契機に生活費が高すぎると、密集した巨大都市での生活に見切り、自宅待機しているように、一時的にではなく恒久的に郊外に引っ越してしまうかもしれない。

大都市では、より距離を維持生きるようになるではないか。 というのは、ウイルスは、密閉された環境や複数人が部屋を共有する場面に拡散しやすいと考えられるからである。

緑地広い歩道、自転車専用レーンが大幅に増加する一方、自家用と公共交通機関の利用は激減するだろうが、テレワークの発展に応じて、不便はあまり感じられないのだ。

パリのような巨大都市では、ここ数ヶ月の間に、すでに自転車レーンが整備された。 コロンビアの首都ボゴタ[이전부터 총 540 킬로미터의 자전거 전용 차선을 설치했다]は、長さ117キロにも及ぶ時々自転車専用レーン[매주 일요일 오전 7 시부 터 오후 2 시까 지]が整備された。

駐車場はスペースが増えますが、その空間は、ショッピングモールや宅配便商品の配送センターとして有効である。 道路の法定速度はさらに引き下げられるだろう。 たとえば、ブリュッセル市内中心部や周辺で法定速度が時速20キロまで引き下げた。 歩行者が多い地域では、〔家具量販店]イケア店舗と同じように一方通行が一般的になるだろう。

密集度が低い町は大都市での住民が引っ越してくる。 人口密集を解消するための移住も伝染病の中の潜在的な力が確認されたテレワークによって容易になるだろう。 ヨーロッパの不動産関係者によると、2020年5月以降の別荘の需要が増え、都市の住宅需要は減る傾向にあるという。

READ  トランプコロナ放置ゴルフ上達1日最多15万人の感染来年まで「空白」の懸念 :東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close