海底埋葬地は75年間、日本のコバルト需要を満たすことができます。 南鳥島島近くの希少金属でいっぱいのマンガン断塊

1 min read
読売新聞

日本排他的経済水域(EEZ)の南 – 鳥島島海底に希少金属を含むマンガン断塊の膨大な埋蔵量が数年、さらに数十年間日本の一部の貴重な金属需要を満たすことができるという事実が明らかになりました。

東京大学、日本財団その他の機関の研究者が行った調査によると、少なくとも2億トンの結節が東京の小笠原諸島地域に集中していることがわかりました。 世界的にコバルト供給不足に対する懸念が続いている中で、この断塊は日本国内消費量を約75年間、ニッケルは約11年間供給できる十分な量のコバルトを供給できると推定されます。

財団などは早ければ2026年から該当結節の大規模抽出と商業化を始める計画だ。

2016年に、大学やその他の機関の研究チームは、南 – 鳥島島近くのEEZにマンガン断塊堆積物が存在することを確認しました。 拳の大きさの破壊は海底で発見され、主に鉄と酸化マンガンで構成されています。 コバルトとニッケルは、それぞれの破壊の1%未満を構成しています。これは、海底に落ちた魚の骨などの残骸の中心の周りに金属が断続的に蓄積し、数百万年にわたって形成されていると推定されています。

財団は今年4~6月、該当地域を集中調査した結果、水深5500m、面積約1万平方キロメートルにわたって2億3000万tの断塊が存在することを確認した。 財団は回収された断塊を分析した結果、海底断塊にコバルト61万トン、ニッケル74万トンが含まれていると推定した。

深海底で断塊を吸い込む技術は海外で開発されたことから、ヨーロッパやアメリカ企業と協力して断塊を抽出する方案も検討していく予定だ。 1段階抽出費用は最大50億円に達すると予想され、ほとんどは財団が負担する計画です。

回収された結節は精製技術を保有した日本企業に提供される予定だ。 財団は2026年から日本の多様な企業と協力して鉱物を国内生産資源として商品化するベンチャー発足に先頭に立つ予定だ。 東京大学は鉱物を精密に分析するなど、学問的観点からこのプロジェクトを支援する予定だ。

コバルト、ニッケルなど希少金属は電気自動車バッテリーに必須の金属だが、これらの金属の生産と製錬は中国とアフリカ諸国が独占している。 希少金属を含む鉱物を含むコバルトが豊富な地殻やハイテク製品に広く使われている資源を含む「希土類泥」も南鳥島沖で確認され、世界屈指の宝物の一つです。 鉱物資源の報告。

READ  NASAはバックアップ電源を利用して、少なくとも2026年までボイジャー2号を維持します。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours