理科

理工系女性研究者なぜ日本は少ない天文学の実感| U22 | NIKKEI STYLE

ナショナルジオグラフィック日本版
研究の道に進む場合は、 “周りが何と言おうが、欲しいのは私がします」酒井南さんのアドバイスです。もちろん、男女に関係なく、

文筆家・川端ヒロさんがナショナル・ジオグラフィック日本版サイトで連載中の人気コラム「「研究室」に行ってみた。 ” 今回の裁判は、理研の堺南さんに星や惑星の開始について聞いシリーズです。 壁考えぶつかると幸運だったが、非常に興味深いエピソードで日本に理工系女性研究者が少ない要因の分析まで、地上の話題も豊富。 U22世代の情熱も放射されます。

前理化学研究所「堺別・惑星形成の研究室」堺南さんの研究史を見ていたが、ちょっと面白いことがわかった。酒井さんは、これまで女性が非常に少ないことが知られている物理出身だ。学部もそうですし、大学院生調教時代を過ごした研究室もそうだ。

また、堺さんと同じジャンルの研究を訪ねて行けば自然に同じ研究室(東京大学大学院物理学専攻の山本聡研究室)の2人の女性研究者の名前が衝突して、それぞれの注目すべき活躍をしているのも、以前見た。

科学そのものは性別に関係ないのだが、理学系、工学系の研究者は、女性は非常に少ない。 さらに言えば、数物系、という科学的にも重要な部分は、特に少ない。 しかし、今の物理学の世界は変わっているのだ。

同時にどのようにこのような状態になることができるか関心があり、酒井さんに聞いてみた。 今、理学系、工学系の研究現場はいくら何でも女性が少なすぎて、「何か変だ」と思って分割からである。実際に、本シリーズに登場していただく研究者も男女の比率が非常に偏っていて、私は気分が良くない。

「いや、日本の学界の研究者は、本当に今でも女性が少ないですよ」と堺に塗装はかなり実感を込めて語った。

「この分野では、私、オランダ研究所セミナーを行ったとき、参加者が90%、女性では、目が点ました。すべての研究者です。30台程度の方が多かったと思います。もちろん、天文学は、物理学に比べて女性この多くの傾向があり、私の研究は、化学に集まっていて、化学も少し女性が多いです。しかし、日本の場合、わずか1%が5%になるほどで​​す。そのセミナーで90%というのは偶然だったかもしれないが、欧州では、若い世代は半々程度はされており、ドイツだけ日本と同じかな印象ですね」

果たしてこの違いは何なのか。 研究者の男女比率が半々程度はされているヨーロッパの国の事例と10%にも満たない、日本とドイツの事例が理解を助けてくれるかもしれない。

「一つ思ったのは、オランダのその研究所はボスが女性です。やはり、今の時点では、女性は、女性がいる研究室をなぜかのかと考えてんですよね。女性がしていきやすような場所であると確信を持つことができますから。それをと思ったら、日本もドイツもボスはほとんど男性ですね。だから、結果的に女性がいるところに女性が戻ってくるようなことが起こっているのかと思います」

READ  古い赤色矮星の周りを回って計外惑星も命に劣悪な環境の可能性| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close