エンターテインメント

男子ワールドカップバスケットボールの時間である。

オリンピックゴールというタイトルの記事画像が膜終わったが、すでに人のFIBAワールドカップを眺める時です。

映像ゲッティイメージズ

これはまた、アメリカやアフリカと同じ形式を持つので、その面で新しいのはありません。 2019年に中国で開催されたアジアの国が主催するワールドカップは今回が二回目の連続です。

日本、フィリピン、インドネシアが主催国であり、一般的に、すべて自動的にカップに進出します。 インドネシアの世界チームなので、 競争力がなかった、彼らはCOVIDにより2022年に開催される2021年FIBAアジアカップに先に進出していました。 日本とフィリピンのが自動的に参加してインドネシアが決定されますが、とにかくワールドカップ予選では、すべての参加する予定です。

2019年のワールドカップでアジア/オセアニアは4位を占めたオーストラリア、ニュージーランド、イラン、中国、韓国、ヨルダン、日本、フィリピンなど8つのチームを送った。 2023年のワールドカップに進出する8チームの組は、次のとおりです。

  • A組:ニュージーランド(25)、韓国(29)、フィリピン(31)、インド(78)
  • グループB:オーストラリア(3)、中国(28)、日本(35)、台湾(68)
  • C組:ジョーダン(39)、レバノン(56)、インドネシア(85)、サウジアラビア(87)
  • D組:イラン(22)、 カザフスタン(72)、シリア(82)、バーレーン(102)

オーストラリアのすべて: 数年の間に不足していたオーストラリアのチームは、最終的に0-4連続の準決勝の欠点を破って2021年のオリンピックでオリンピック銅メダルを獲得し、最初のメジャーのメダルを獲得しました。 2019年に、彼らは最初のワールドカップ準決勝に進出して再4位をしたが、史上最高の試合でした。 彼らはすべてのものを獲得するのに十分である、そして今、彼らは味を見たので、私たちは、それがこの世界の舞台でどのように翻訳されるか見ています。

READ  株式先物はBiden就任前利益を提供します

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close