男性が支配する日本では、女性が東京選挙に対抗する

1 min read

東京市民は日曜日に日本首都の新支社を選出するための投票を行いました。 現職の知事である小池百合子と野党の挨拶であるレンホが対抗したが、どちらも男性が主導する日本政治圏で著名な女性です。

日本には女性首相があったことがなく、国会議員のほとんどが男性ですが、国家人口の10分の1、経済の5分の1を占める東京は2016年から71歳の元テレビアンカーである小池が運営してきました。

過去の国防及び環境長官を務めた彼を未来の首相に推薦する人は以前は多かったが、世論調査によるとメディアに明るい保守主義者が1,400万人の人口を持つ大都市で3選に成功すると予想される。

これは2025年末に実施される総選挙を控えている自民党にある程度役立つでしょう。 自民党は2017年に自民党を奪われたが、小池を支持しており、岸田文夫首相は非常に人気のない首相です。

今回の選挙は新しい政府データによると、昨年女性が産むと予想される平均子ども数が1.20人で、歴代最低値を記録し、東京の数値は0.99を記録したことに続いた。 これは日本地域のうち初めて1人未満を記録しました。

広告 – 続行するにはスクロールしてください

自分をAIで具現して選挙運動を行った小池と、日本の主要野党の支援を受けて名前を一つだけ使う最も近い競争相手レンホは、すべて子育てに対する支援を拡大すると約束し、小池は補助金が支給される硬膜外麻酔を約束しました。

「最初の子供を産んだ後、人々は再びその苦しみを経験したくないと言うのを聞きました」 小池は地元メディアによると語った。 「人々が出産と養育を危険ではなく幸せに見てほしい」

「私は真の長期的な出産対策を実施し、若者を徹底的に支援し、彼らの人生の選択を拡大します。」 レンホは言った。 「私はまた、誰もが状況を確認できる透明な財政改革を実現します。」

広告 – 続行するにはスクロールしてください

最近の世論調査によると、競争で隠れた強者としては無所属候補である41歳の石丸シンジが有力であることが示されたが、彼は日本の西秋田の元市場であり、一部流動有権者は彼を小池とレンホより好む。

記録的な56人が選挙に出馬したが、彼ら全員が真剣ではなかった。 ある人は「ジョーカー」に扮し、一夫多妻制を合法化することを主張し、他の人はゴルフやポーカーをより多くするようにキャンペーンを行ったり、単に適当に自分の事業場を広告しようとした。

kh/stu/mtp

READ  ウェスタンシドニー大学ジャーナリズムの学生が日本に挑戦
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours