sport

真弓明信氏がライブ解説! 阪神が勝率5割復帰/詳細 – プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

阪神前監督に日刊スポーツ評論家真弓明信氏(67)がライブ解説。 阪神が逆転勝利で25日ぶりに勝率5割復帰だ。 4回ジェリー・サンズ外野手(32)が2打席連発される10号3ラン11号ソロを放つなど大活躍。 進歩的な青柳晃洋投手(26)は、7回4安打2失点で6勝目を挙げた。 チームは25日、中日戦で3試合連続逆転勝ち。 同じカード3連勝で債務返済された。 阪神の3試合連続逆転勝ちは17年7月11日、12日、中日、17日広島戦以来。

ライブ解説をする真弓明信氏
チーム123456789メートル
213
名神3111×6

[중]油、谷元、算定木下オス

[하나님]青柳、肝臓ける岩崎、スアレス

[책]サンズ10号3ラン(4回= 110m)サンズ11号ソロ(6回= 110m)

[마유미 아키노부 씨가 볼거리 말한다]

– イブ陽川ボーアのホームランが出て、打線は上向きである

真由美さん阪神打線の場合は、良い面と悪い波というよりは、相手投手との相性に左右ところが大きい。 投手の拘束が150キロ近くなると攻略に苦戦する。 柳はコーナーを正しく狙うタイプでそれほど速くはない。 早く点を持って試合の主導権を握ってたい。

– ボアが5戦5発と好調

真由美さん内角直球を打つようになったら、本物だ。 あなたは、どのタイミングで内部を付くかどうかを決定できず、塗りなかった。 配球がある程度読めるようになると、相手投手も内角を投げ難しく判読性になる。

– 中日は甲子園で苦戦している

真由美さん投手陣は、名古屋ドームで抑制されているが、甲子園で力を発揮することができていない。 名古屋ドームはマウンドの傾斜角度が投げ下がっているような感じがした。 かつては対策として、室内練習場でマウンドを高くして打撃練習したこともあった。 ゴシエンヌン傾斜緩やかで、投手は投げにくく感じるのはないだろうか。 ガルシアが甲子園勝てなかったのもそういうことがあると思う。 中日はどのように投手陣が奮起一つが鍵を握るだろう。

試合経過

<1 회>

中日最初の大島ヒット。 京田が犠打。 アルモンテの内野ゴロで大島が3塁。 2社塁でヴィシーもがタイムリー二塁打で先制。 2死1,2塁で阿部がタイムリーに追加点

阪神3者凡退

[마유미 아키노부 씨의 평론]

中日打線が青柳攻略の理由を説明。

– ビシもは内角球を平然と逃し

真由美さんビシも打つとき、左の肩を入れタイプの打者である。 このような右打者はアンダーハンドの球筋を見るやすい。 左の肩が入るタイプの打者は下から出てくるのアンダーハンドの球筋がよく見え。 阿部もあまり左肩が入らない。 私も現役時代は苦なかった。 アンダーハンドで内閣を刺されてもボールに角度がないので、それほど怖さを感じなかった。 ボール抜けたとしても、上記はないから。

1回表中日2社塁左翼線に先制タイムリー二塁打を放つビシも(撮影・上田宏)
1回表中日2社塁左翼線に先制タイムリー二塁打を放つビシも(撮影・上田宏)
1回表中日2社塁、三菱もの打球に一塁手大山が横跳びも与えずに先制タイムリー二塁打される(撮影・清水貴仁)
1回表中日2社塁、三菱もの打球に一塁手大山が横跳びも与えずに先制タイムリー二塁打される(撮影・清水貴仁)
1回表中日2死1,2塁、左前適時打を放つ阿部(撮影・清水貴仁)
1回表中日2死1,2塁、左前適時打を放つ阿部(撮影・清水貴仁)

<2 회>

中日3者凡退

阪神3者凡退

[마유미 아키노부 씨의 평론]

– 油球を異性がいる

真由美さんそれほど球は速くない窃盗がある。 コーナーをきっちり刺している。 大山は背番号3が明確に見えるほど左肩が入ってしまった。 これでは、内角球に戸惑い捨て打つことができない。 2回の打席で4球目内角に完全に差し込まれてファウルされた。 今しか変化球を投げようとは思っていません。 続いて内角のボールを投げるお見逃し三振された。 ボアも内角の直球を決定区に使用された。 どのチームも、相手打者の傾向は知っている。 投手がそこに投げられたかどうか。 柳はということだ。

阪神中日2回表中日1社木下博の飛球を好捕右翼手陽川(撮影・前田充)
阪神中日2回表中日1社木下博の飛球を好捕右翼手陽川(撮影・前田充)
2回裏阪神1社三振に倒れる大山(撮影・上田宏)
2回裏阪神1社三振に倒れる大山(撮影・上田宏)

<3 회>

中日3者凡退

阪神3者凡退。 柳は、5文字の連続三振

3回裏阪神無事三振に倒れる場合め(撮影・上田宏)
3回裏阪神無事三振に倒れる場合め(撮影・上田宏)
3回裏阪神1社三振に倒れる小幡(撮影・上田宏)
3回裏阪神1社三振に倒れる小幡(撮影・上田宏)

<4 회>

中日3者凡退

阪神最初の近い本砂丘。 木新郎がフィルター。 1社2 3塁でサンズが10号3ランで逆転

[마유미 아키노부 씨의 평론]

柳の心理変化をいう

-4回に先頭の近くに本を砂丘に歩いた

真由美さんランナーが出て行けば投手も大きいこと合ったくないと思っている。 3回まではズバッと内閣を包囲し、その割合も下がる。 境界して内閣に投げ難しいだろう。 息子も内角近くボールなら打つていないのだ。 サンズが得点圏で力を発揮するのは、カウントを整えてから目的区を正しく打つことができるからである。 ある程度ボール配合を読んで、1発でキャッチされている。 打席では全く慌てなかった。 中日バッテリーはまだ時間が浅いので勝負したのだが、大打撃内容を見ると、息子を歩か満塁措置をとることも、手であった。

4回裏阪神1社2三塁、右中間に逆転3点本塁打を放つサンズ(撮影・上田宏)
4回裏阪神1社2三塁、右中間に逆転3点本塁打を放つサンズ(撮影・上田宏)
阪神中日4回裏阪神1死1,2塁、右中間に逆転3点本塁打を放ち、ナイン迎えサンズ(右)(撮影・前田充)
阪神中日4回裏阪神1死1,2塁、右中間に逆転3点本塁打を放ち、ナイン迎えサンズ(右)(撮影・前田充)

<5 회>

中日3者凡退

阪神1社で小幡がプロ初安打。 青柳が犠打で2死2塁。近い本中殿適時打

5回裏阪神1死、重にプロ初安打を放つ小幡(撮影・清水貴仁)
5回裏阪神1死、重にプロ初安打を放つ小幡(撮影・清水貴仁)
5回裏阪神2死2塁、仲間にタイムリーヒットを放つ近い本(撮影・上田宏)
5回裏阪神2死2塁、仲間にタイムリーヒットを放つ近い本(撮影・上田宏)
5回裏阪神2死2塁近本浩二の前適時打で生還する小幡(撮影・上田宏)
5回裏阪神2死2塁近本浩二の前適時打で生還する小幡(撮影・上田宏)

<6 회>

中日最初の大島が安打で出塁も後続従わず

阪神1社でサンズが2打席連発11号ソロ。 阪神、日本1年目傭兵2人の2桁本塁打を達成したのは、99年ジョンソン(20)と送風機(10個)の後、21年ぶりである。 中日2回目は谷元。 2死1,2塁で小幡はカエル枚

[마유미 아키노부 씨의 평론]

サンズの利点を話す

– 息子が6回に甘いスライダーを逃さなかった

真由美さん油は4回とは異なり、ランナーがない状況で果敢に内角を突いていた。 サンズ打席もそうだ。 ただし、3球目内角をしっかり振ってファウルした。 このスイングを見られると、バッテリーも内角に投げにくくなる。 外側のスライダーを決定区ましたが、甘く入った。 サンズは失投を逃さなかったが、1発で捕まえなることが彼の長所である。 1試合でピッチャーは意外に失投が多いこと。 そこをキャッチできるかどうかである。

6回裏阪神1死、左中間越え2打席連続ホームランを放つサンズ(撮影・上田宏)
6回裏阪神1死、左中間越え2打席連続ホームランを放つサンズ(撮影・上田宏)
6回裏阪神1死、左中間越え2打席連続ホームランナインとハッピーヘンジュウルサンズ(撮影・上田宏)
6回裏阪神1死、左中間越え2打席連続ホームランナインとハッピーヘンジュウルサンズ(撮影・上田宏)

<7 회>

中日3者凡退

阪神日3回目は、算定 1社塁で木新郎が適時打。 2社2 3塁kから大山は空振り三振

[마유미 아키노부 씨의 평론]

– 木浪は内角のスライダーをうまく打った

真由美さんよく打った直線であれば、打つていないのだ。 木浪は打席で粘りがある。 打率2割3分台もう少し打っているイメージがある。 それは楽しい凡打が少ないからである。 一方、陽川区は4回の機会でボールゾーンからボールゾーンになるスライダーを空振り三振に倒れた。 このようなボールを見逃せるようになれば、打者ガラスの計算に搬入する打率がはるかに上がる。 打撃の内容が悪いので、次の使用する考えがなくなる。 良いものを持っているが、状態が長続きしないのは、そのようなところにある。

7回裏阪神1社塁右前に適時打を放つ木浪(撮影・上田宏)
7回裏阪神1社塁右前に適時打を放つ木浪(撮影・上田宏)

<8 회>

中日阪神2番目は、肝臓ける。 最初の遠藤がヒット、1死1塁で定義コマンドがヒットにした3塁。 阪神3番目岩崎。 1社した3塁で大島の内野ゴロで三塁走者が生還。 2死満塁でビシーも、この左飛

阪神中日4番目は木下オス。 1死満塁から近い本、木新郎が凡退

[마유미 아키노부 씨의 평론]

阪神青柳89球下車疑問

– 青柳を89区下げた

真由美さん2回以降はボール先行せず迅速に運転できる。 そこが耐えることができる要因である。 89区で下車したのは疑問である。 その内容であれば、再任も8回はそこまでピンチがされなかっただろう。 先発は次の登板まで1週間も休む。 今後の連戦を考えると、中継にも負担がかかる。 2回目の間けるを打者3人であきらめ岩崎代わりましたが、そのような使い方であれば、最初から起用していない方がいい。

阪神中日8回表中日1社した3塁、ジョー間けるに(左)に置き換えることが矢野明宏監督(右から2番目)(撮影・上田宏)
阪神中日8回表中日1社した3塁、ジョー間けるに(左)に置き換えることが矢野明宏監督(右から2番目)(撮影・上田宏)
8回表中日2死満塁、三菱スエード左飛抑制岩崎(撮影・清水貴仁)
8回表中日2死満塁、三菱スエード左飛抑制岩崎(撮影・清水貴仁)

<9 회>

中日阪神4番目はスアレス。 3者凡退に試合終了

6勝目を挙げたロベルト・スアレスで勝利ボールを受ける青柳(左から2番目)(撮影・上田宏)
6勝目を挙げたロベルト・スアレスで勝利ボールを受ける青柳(左から2番目)(撮影・上田宏)

選抜

[주니치]

1(中)大島

2(有)京田

3(左)アルモンテ

4(一)ビシーも

5(水)高橋

6(二)阿部

7(右)遠藤

8(フォー)木下博

9(キャスト)ヤナギ

[한신]

このあたりの1(中間)

2(水泳)ムーラン

3(右)陽川

4(左)サンズ

5大山

6(日)ボア

7(フォー)ウめ

8(二)小幡

9(ツー)青柳

試合前

阪神中日打撃練習の順番を待っている糸井嘉男(撮影・清水貴仁)
阪神中日打撃練習の順番を待っている糸井嘉男(撮影・清水貴仁)
阪神中日矢野耀大監督(前)で打撃指導を受ける高山純(撮影・清水貴仁)
阪神中日矢野耀大監督(前)で打撃指導を受ける高山純(撮影・清水貴仁)

READ  リーガの素敵な手配に開幕久保岡崎、乾燥の「デルビー・ハポネス」 - スポーツナビ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close