理科

知っている? 世界のビタミンDデーコロナ流行に外出を控える「人体の日照不足」で起こることが:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

11月2日「世界ビタミンDデー」北米では11月から3月の日照不足がビタミンD欠乏をもたらすから11月にビタミンDの摂取を促進するための認識の日が設けられた。

日本も同様に、日照不足によるビタミンD欠乏が懸念される今年は特に、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の影響で太陽の下で入浴ず支出が多かった。

これにより、日本のビタミンDブームの火付け役として、米国の薬剤師が20年以上を推奨(株)第1補助食品「ネイチャーメイド」を製造、販売している大塚製薬の現地法人、パーマバイト社ビタミンDが生成することができないおそれがあると警鐘を鳴らしている。

  • 11月2日「世界ビタミンDデー」の不足分は補充…(写真はイメージ)

  • 11月2日

「ビタミンD」は、日本人に不足気味の栄養素

ビタミンDは、水に溶けないビタミンの一つ。 人体は、食事から摂取するだけでなく、日光に皮膚で生産することができるという特徴を持っている。

強い骨の形成と維持に必要なカルシウムとリン体内吸収を促進し、丈夫な骨を作る機能があり、ビタミンDが不足すると、骨に悪影響を与える危険性が高くなる。 また、最近の研究では、ビタミンDが日常の健康リスク管理に重要な役割を果たしていることが明らかになっているという。

そんなビタミンDの摂取量であるが、日本人は不足気味だ。 厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、18歳以上の男女は、一日5.5マイクログラムの摂取が必要な手順が記載されている。

また、「日本骨太ス(右)症学会」による骨粗しょう症の予防と治療ガイドラインの推奨摂取量は1日10〜20マイクログラム。また、国際骨粗しょう症財団(IOF)の推薦は1日20マイクログラムが一日に必要なビタミンDの摂取量の基準となっている。

ところが、日本人のビタミンDの摂取状況は、20歳以上の摂取量(平均)は1日7.8マイクログラム(男性が1日8.2マイクログラム、女性が7.5マイクログラム。2016年度の国民健康・栄養調査)で、国内外の指標に比べて日本人の摂取量が不足していると思われる。 これらの実際の実情も「日本人の食事摂取基準(2020年版)」は、基準額が5.5マイクログラムから8.5マイクログラムに引き上げた。

国内でビタミンDを補うことができる食品の「ネイチャーメイド」を製造、販売している大塚製薬のニュートラシューティカルズ事業部ネイチャーメイド担当菊田信哉氏は「世界ビタミンDデー」をきっかけに、ビタミンDの大切さを知っているたいと述べた。

「ビタミンDは、日本の全世帯に不足したり、不足している可能性がある栄養素のために、今年は、ビタミンDの摂取目安量が提起されています。健康意識が高まる今、ビタミンDの重要性を理解し、認識して摂っていただきたいです」

(注)2020 US News&World Report-Pharmacy Times Survey

強い米国食品市場

補充大国アメリカは、実は今のサプリメント市場が好況湧いている。 米国の栄養業界レポートなどを発表する「Nutrition Business Journal」によると、2020年に免疫に関与する成分を含有する食品の売上高が52億ドル(約5500億円)に達すると予想を発表した。 コロナ災害の中で、前年比51.2%の成長で、これは、今年の米国の食品の総売上高の約10%をこのサプリメントが占めることを示しているという。

「ネイチャーメイド」を開発、製造する米国ファーマバイト社の品質責任者マーティン・デニソン氏は

「今年(2020年)注目された成分で、マルチビタミン、ビタミンC、ビタミンD、亜鉛などの日常的な健康管理に欠かせない基礎栄養を挙げることができます。その中でも、ビタミンDは、全世界的に注目されている栄養素の一つ。ビタミンDは、食品やサプリメントで摂取と太陽の光を受けると、体内で合成されます。しかし、今年は、外出自粛の生活が長くているので、太陽の光を受ける機会が減少して、ビタミンDの不足がさらに懸念される状況となっています。 “

と説明。 コロナ災害にあって、毎日思わず中ビタミンDの不足に陥り、それが体調不良を起こす可能性があると指摘する。

大塚製薬の菊田さんは

「体調管理にビタミンDが重要な役割を果たしているが、食事でビタミンDのみ摂取すると良い生活をすることができるということは、ありません。健康的な生活には、栄養、運動、睡眠が重要な要素であるが、栄養は、日常の食生活で必要な栄養素あるビタミンやミネラルをバランスよく摂取することが重要です。食事からバランスよく栄養を摂取することができない場合は、取り替えを賢く活用していただければと思い、「

と述べた。

厳格な品質基準を満たしている日本には、1993年に「上陸」

ネイチャーメイドが日本に「上陸」したのは1993年。 当時は高価な薬ビタミンが主流だったが、「最初に生活者を簡単に摂取することができる価格帯の高品質のビタミンと発表した。米国の製品をそのまま持ってくるのではなく、私たちと制約によって栄養素の処方と日本人の栄養所要量に合わせてデザインした点も発売当時から現在まで続いています。」と、米国ファーマバイト社デニソン氏は言う。

デニソン氏によると、

「ネイチャーメイドは薬剤師だった創設者のおばあちゃんと一般患者の方が栄養バランスのとれたていないのを見て、生命活動に必要なビタミンやミネラルヌン基礎栄養素に焦点を当て、人々の健康を改善することを目的とした “

する。

発売後約50年に及ぶ今日でもアメリカのcGMPという厳格な品質基準を満たしている工場で製造し、「パーマバイトGMP」という独自の基準も設けて全工程での検査と検査の完了製品の最終段階で検品を徹底。「科学に基づいて、高品質の食品を提供することで、消費者、医療専門家、小売業者の信頼を得ています。」と胸を張る。

READ  合体している銀河で光る「二重クエーサー」すばる望遠鏡の観測で新たに発見| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close