理科

研究:Omicron BA.2に効果的な抗ウイルス剤

研究者グループは、実験室試験で、COVID-19治療のための3つの抗ウイルス剤がBA.2オミクロンサブバリアントに有効であることを示したと述べた。

BA.2 バリアントはもともとオミクロンのバリアントよりもよく伝播することが知られており、日本や他の国々で広がっている。

川岡義弘(Kawaoka Yoshihiro)東京大学医科大学プロジェクト教授が率いるグループは、研究結果をニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)に発表した。

研究者たちは、BA.2サブ変異体に感染した培養サル細胞にいくつかの薬を使用しました。

彼らはモルヌピラビル、ニルマトレルビル、レムデシビル薬がこの変異体に対して効果的であることを確認しました。 しかし、彼らは最初の株と同じレベルの効果を達成するために薬の濃度を約3倍に増やす必要があると述べました。

研究者たちはまた、日本でコロナ19治療薬として承認された他の2つの薬物がある程度効果がありましたが、他の株と比較して約50分の1から160分の1程度に薬効が低下したことを発見しました。

グループは、動物実験や他の手段を介して薬物の有効性をさらに調査すると述べている。

川岡教授は、3つの抗ウイルス剤の効果が証明されたため、アクセスを容易にするシステムを構築することが重要だと述べました。

READ  南極爆弾:NASAが「氷の上に浮かぶ何か」を撮って間違っている| 科学| ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close