トップニュース

社説:2件のお金スキャンダルが再び日本首相の責任に疑問を提起

岸田文雄首相内閣の2人の首相が政治資金操作疑惑について調査を受けており、野党はこれらを国会に内定している。

寺田みのる総務長官と秋葉ケニア再建長官は、政治資金を各自の政治団体事務所の「家賃」として妻を含む家族に送った。 彼らは、野党議員や他の人たちが新しい事実が明らかになるたびに提起した後に問題を認めました。

この状況は公式に世界平和統一家庭連盟と呼ばれる統一教との連携を理由に、最近の経済活性化長官職から退いた山木と大志郎を思い出させる。 野党はテラダとアキバの辞任を要求しており、そもそも彼らを内閣に任命した岸田首相の責任についてもう一度疑問が提起されている。

寺田が率いる両政党が過去10年間、妻に事務所賃料で合計2600万円(約17万7000ドル)を支払った事実が明らかになった。 死亡した人を首席会計士として記載した政治資金報告書も提出したという。

さらに、テラダは自身の行動が政治資金管理法に違反したかどうかについて国会に語る内容を日々変えた。 クイックスイッチは、彼の政治資金の問題を監督する内務省の議長の資格について質問をします。

同様に、Akibaが率いる2つの政治団体は、グループオフィスの家賃で過去10年間、妻と母親に約1,400万円(約95,000ドル)を支払いました。 さらに、彼の母親は家を借りて収入を報告しなかったため、税務申告書を修正するよう強制されたことがわかりました。

国会議員遺族に政治資金を提供すること自体が功績と私的を混用するという批判を受けなければならない。 野党が政治権の親族に資金を横領する問題を「家業」の可能性として提起するのは当然だ。 賃貸料が適正なのか、政治団体の事務所がどのように機能するのかなど、全体的な絵を解かなければならない。

2006年、安倍晋三元首相の最初の政府発足当時、多くの内閣の議員が事務所支出疑惑やその他のスキャンダルで相次いで辞任した。

岸田首相はそのような長官の辞任ドミノ効果を警戒しているかもしれない。 ヤマギとの辞任を決定するのは遅すぎるという理由で非難を受けたが、岸田はそれにもかかわらず、寺田と秋葉が問題を完全に自分の足に任せ、慎重かつ徹底的に説明することが重要であると提案した。

驚いたことに、山城とは自民党コロナ19対策本部経済活性化画像を辞任してからわずか4日で執権与党コロナ19タスクフォース委員長に任命された。 キシダはヤマギワの責任をそんなに早く掃きますか? 約束は大衆を間違った方法でこすります。

首相がこのまま行けば、自分の行政府に対する国民の不信が大きくなるしかない。

READ  大規模なコロナ19ワクチンの実験準備をする日本企業

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close